logo

企業向けモバイル管理ソリューションを提供するモバイルアイアン・ジャパン、 MobileIron Accessを発表

MobileIron 2016年04月12日 13時03分
From 共同通信PRワイヤー

企業向けモバイル管理ソリューションを提供するモバイルアイアン・ジャパン、 MobileIron Accessを発表

AsiaNet 64032

【報道発表資料】
2016年4月12日
モバイルアイアン・ジャパン

~モバイルデバイスからもクラウド上におかれた企業データの安全を担保~

モバイル・エンタープライズ・セキュリティのリーディングカンパニーであるMobileIron(本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、CEO: Barry Mainz)の日本法人、モバイルアイアン・ジャパン(本社:東京都港区、代表執行役社長:野原康裕、以下モバイルアイアン)は本日、企業データ保護を目的としたセキュリティ製品ラインナップの新製品として、MobileIron Accessを発売することを発表しました。MobileIron Accessは、信頼できるユーザーが所有する、信頼できるデバイス上の、信頼できるアプリのみがクラウド内の企業データへのアクセスを許可される新しいセキュリティ要件を確立します。MobileIron Accessは、Box、Google Apps for Work、Office 365、およびSalesforceといった、広く利用されている企業用クラウドアプリと統合した形で発売されます。

ロゴ- リンク

リンク

レガシーのPC時代において、重要なデータはユーザーのIDのみでした。会社は従業員に支給しているコンピューターのみが、ファイアウォールの後ろにある会社のデータセンター内のコーポレートアプリケーションにアクセスできる唯一のデバイスだったのです。従業員に対してはActive DirectoryなどのID管理システムを利用して認証が行われ、コーポレートデータへのアクセスが許可されました。

データ損失の阻止
そのようなモデルは、モバイルおよびクラウド時代には機能しません。なぜなら、ユーザーはクラウドサービスを利用する何らかのアプリをダウンロードして認証を行い、その他の個人用アプリで共有することによって、データにアクセスできるからです。例えば、従業員は会社が管理していない友人のデバイスを使ってSalesForceへアクセスし、顧客データをダウンロードして、個人のクラウドストレージアカウントにアップロードすることも可能です。こういったリスクを防ぐため、会社はデバイスとユーザーの認証のみならず、アプリの認証を確実に行う必要があるのです。企業はMobileIron Accessによって初めて、企業のサンドボックスでデータを管理している承認アプリ以外は、モバイルデバイス経由によるクラウドサービスへの接続を阻止することができます。

MobileIron Accessは、市場をリードするセキュリティソリューションであるMobileIron製品ラインナップをベースとしています。
・MobileIron Sentryはdata-in-motion(活動するデータ)を保護し、不適合なデバイスが企業Eメールにアクセスするのをブロックします。
・MobileIron Tunnelは、アプリケーションに対して上記を行います。
・ID・アクセス管理の統合により、MobileIronはデバイスの状態およびユーザーの会社IDに基づいてアクセス認可の判定を行うことができます。
・このたびMobileIron Accessによって、クラウドベースのアプリケーションに対して上記を行えるようになったのです。

MobileIronのCEOであるBarry Mainzは以下のように述べています。「MobileIron Accessにより、当社は市場で初めて、お客様待望のデータセキュリティに対する答えを出すことができました。MobileIron Accessは、IDプロバイダといった自社の既存技術と統合する最高品質のソリューションです。またMobileIron Accessはクラウドアプリへの変更を必要としないシンプルなデータセキュリティでもあります」

重要な特徴
MobileIron Accessは、
・Box、Google Apps for Work、Office 365、およびSalesforceなどの企業クラウドサービスに対するアクセス制御を実現します。
・IT部門が承認していないアプリやデバイスがクラウドサービスにアクセスするのをブロックします。
・ADFSおよびPingOneなどのIDプロバイダ(IdP)と統合します。
・監査およびコンプライアンスのため、クラウドサービスにアクセスするユーザー、アプリ、およびデバイスへの可視性を実現します。
・SSOの主要な規格であるSAMLとの連携認証に対応しています。

■MobileIronについて
MobileIronは世界中の企業のモバイルファーストを実現する基盤を提供しています。詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
リンク

■問い合わせ先: モバイルアイアン・ジャパン, 広報担当:中村, 03-6426-5301, japan@mobileiron.com ; モバイルアイアン 広報担当, 株式会社井之上パブリックリレーションズ 横田、塚田, 03-5269-2301, mobileiron@inoue-pr.com


(日本語リリース:クライアント提供)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。