logo

明治大学国際総合研究所・東京財団共催国際シンポジウム「中国はどのような『大国』か?」 4月25日(月)、駿河台キャンパスで開催

明治大学 2016年04月12日 08時05分
From Digital PR Platform


明治大学国際総合研究所と東京財団は共催で、国際シンポジウム「中国はどのような『大国』か?」を4月25日(月)、明治大学駿河台キャンパス・グローバルホールにて開催。事前登録制、参加無料。日英同時通訳付き。


 中国の「大国」としての現状や今後は、日米中韓ASEAN等が複雑な相互依存関係を織りなすアジア太平洋地域の平和・安定・発展にとってのどのような含意を持つのだろうか。高村正彦自民党副総裁を基調講演者に、川口順子明治大学特任教授(東京財団名誉研究員・元外務大臣)をモデレーターとして、中国のみならずアジア太平洋の国際情勢を知り尽くす、日米中ASEANの論客をパネリストに迎え、特定の国家間関係にとらわれず、政治、社会、外交、安全保障、経済など幅広い視点から、これからの中国とアジア太平洋地域の未来を論じる。

■国際シンポジウム2016「中国はどのような『大国』か?」
・日 時: 4月25日(月)13:00~16:50 (受付開始:12:30)

・会 場: 明治大学 駿河台キャンパス グローバルフロント・グローバルホール
      (東京都千代田区神田駿河台1-1)

・主 催: 明治大学国際総合研究所、東京財団

・一般申込み方法: 下記アドレスのウェブ登録フォームにて、お申込み下さい。
 リンク

・取材申込み方法: 当日ご来場全員のお名前、ご所属、役職、貴紙・紙名、代表Eメールアドレス、TVカメラの有無を明記の上、下記アドレス宛にEメールにてお申込み下さい。
 migasymposium@miga.jp

・内 容:
 基調講演 高村正彦(自由民主党副総裁)
 「平和安全保障法制―日本とアジア太平洋の平和」
 パネル・ディスカッション
 <登壇者>
  王逸舟(北京大学国際関係学院副院長)
  柯隆(富士通総研主席研究員)
  肖耿(香港大学経済・商工業管理学院教授、HSBC社外締役)
  津上俊哉(津上工作室代表/元経産省通商政策局北東アジア課長)
  菱田雅晴(法政大学法学部教授)
  エフィ・フィトリアニ(インドネシア大学国際関係学部長)
  エリック・ヘジンボサム(MIT大学国際関係研究所主席研究員)
  宮本雄二(宮本アジア研究所代表/元中国大使)

▼シンポジウムの内容・申込に関するお問い合わせ
 明治大学国際総合研究所
 TEL: 03-3296-3622
 E-Mail: migasymposium@miga.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事