logo

「パブリック クラウドへの移行を検討する際に確認すること」

ヒューマンリソシアは吉政創成 代表取締役の吉政忠志が執筆協力している「海外VMware動向コラム 」の最終回「パブリック クラウドへの移行を検討する際に確認すること」を公開しました。

###
サービスへの要求が増加の一途を辿っています。この状況から、現在のIT予算へのプレッシャーを感じているとしたら、それは貴社だけではありません。より多くのサービスが求められているだけでなく、より速くサービスを提供することも求められるようになっています。IT組織がこれからも付加価値のあるビジネス パートナーとして認められるには、ビジネス目標を遂行し、ビジネスの成長を推進する革新的なソリューションが必要になります。パブリック クラウドは、多くの組織で採用されつつあるソリューションです。IDC Research Servicesの調査レポートによれば、現在、世界のIT予算の平均16%がパブリック クラウドに費やされており、今後2年間で33%に増えると予測されています。

ITリソースのプロビジョニングにおいて、この大きな変化を引き起こしている主な要因について考えてみましょう。調査では、企業の64%が費用効果の向上を採用の理由として挙げています。一方、62%はITオーバーヘッドの削減を挙げ、50%はアプリケーション開発の迅速化による製品化までの時間短縮を挙げています。恐らく、これらのニーズはすべて、どの企業にとっても、短期・長期を問わず、成功を収めるために重要となるものです。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。