logo

恵泉女学園大学が『タイで学んだ女子大生たち』を発刊 -- 長期フィールドスタディプログラムの15年間の成果報告

恵泉女学園大学 2016年04月08日 08時05分
From Digital PR Platform


恵泉女学園大学(東京都多摩市)はこのたび、『タイで学んだ女子大生たち』を発刊した。これは200年度からスタートした、タイでの長期フィールドスタディプログラムの15年にわたる活動成果をまとめたもの。参加者たちの体験報告のほか、プログラムの概要と運営体制について紹介しており、学生自身の成長実感や後輩へのメッセージも含めたアンケート結果も掲載している。


 同大の「長期フィールドスタディ」プログラムは、2000年度からカリキュラムに取り入れられたもので、恵泉女学園の「聖書」「国際」「園芸」の3つの教育の柱に基づいて展開。ユニークな3つの必修基礎教育により、学びの関心を広げ深めた多くの学生たちが、タイでの体験学習を通して成長してきた。

 学生たちは事前学習を踏まえ、現地でも言語・文化を学びながら取り組むべき課題を絞り、体験学習先を選んでいく。
 この体験学習先はチェンマイ、チェンライ、スコータイなど数県にまたがり、それぞれNGO団体、教育機関や財団、またさまざまな山岳民族の村などで学ぶことになる。

 このプログラムの成果を振り返る一つとして、今春『タイで学んだ女子大生たち』(堀芳枝・波多真友子&恵泉女学園大学体験学習(FS・CSL)委員会編)を発刊した。

 同書には、過去15年の140名余りにのぼるプログラム参加者たちの中から、10名の優れたレポートを掲載。いずれも学生たちの成長を実感できる、読みごたえのある報告となっている。
 体験報告が大半を占めてはいるが、プログラムの概要と運営体制についても紹介しているほか、学生自身の成長実感、後輩へのメッセージも含めたアンケート結果も掲載している。

 同書は恵泉女学園大学のこのプログラムの15年の実績と、未来につながる学生教育の成果を示すとともに、体験学習に携わる教育者にとっての必読書として活用されることが期待される。

◆『タイで学んだ女子大生たち』
 堀芳枝・波多真友子&恵泉女学園大学体験学習(FS・CSL)委員会編
 出版社: コモンズ
 A5判/128ページ
 定価: 1,600円+税
 発行: 2016年3月30日
 ISBN-10: 4861871344
 ISBN-13: 978-4861871344

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人恵泉女学園広報室
 東京都世田谷区船橋5-8-1
 TEL: 03-3303-2111
 FAX: 03-3303-2323

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。