logo

『じゃらん』2016年ゴールデンウィーク国内旅行動向

国内旅行ピークは5月3日(火・祝)、最大3連休が最多。 旅行先でもっとも選ばれたのは「北海道」、前年比増加率では「宮城県」。



[画像1: リンク ]


株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)は、旅行サイト『じゃらんnet』上におけるゴールデンウィーク期間(2016年4月29日(金・祝)~5月8日(日))の宿泊予約状況、ならびに国内旅行に関するアンケート結果より国内旅行の動向についてまとめましたので発表いたします。
なお、旅行動向は『じゃらんnet』内「じゃらんnews」でも紹介しています。
リンク

※宿泊予約状況:『じゃらんnet』データよりレジャー予約のみ算出(1室利用人数1名予約は除く)


結果要約

■ゴールデンウィーク期間の連休日数、ピーク日
● 今年のゴールデンウィークに旅行を予約または計画している人は、89.0%は国内、11.0%は海外と回答。
● 期間中の連休日数は、最大3連休が19.8%ともっとも多く、続いて5連休(15.5%)、10連休(14.8%)。
● 宿泊予約のピークは5月3日(火・祝)、続いて4月29日(金・祝)。※チェックイン日ベース

■ゴールデンウィーク期間の旅行に関する交通手段
● 車(レンタカー含む)と回答した人が半数を超え(50.3%)、電車(30.5%)、新幹線(28.8%)が続く結果となった。

■ゴールデンウィーク期間の人気旅行先ランキング(人泊数)
● 人気旅行先ランキングは、北海道新幹線開業で注目が高まっている北海道が1位。福岡県が前年10位圏外からランクインするも、トップ10内は前年と大きく変わらず、人気の旅行先は今年も継続。
● 前年比増加率ランキングは宮城県がトップ、続いて茨城県、愛知県。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

【『じゃらんnet』 国内宿泊旅行動向抽出条件】
・2016年3月7日時点での予約人泊数実績をもとに前年同時期比で算出 ※チェックアウト日ベース
・対象期間: 2016年4月29日(金)~5月8日(日)
・国内旅行:国内宿泊、ANAじゃらんパック、JALじゃらんパック、インバウンド
※レジャー予約のみ(1室利用人数1名予約は除く)

【ゴールデンウィークに関するアンケート】
アンケート期間:2016年3月4日(金)~3月6日(日)
対象:全国20~69歳の男女
有効回答数:600件
調査内容:2016年のゴールデンウィーク期間(2016年4月29日(金)~5月8日(日))における1泊以上の国内旅行について
調査方法:インターネットによるアンケート


ゴールデンウィーク期間の連休日数、ピーク日(アンケート結果、『じゃらんnet』データ)

● 今年のゴールデンウィークに旅行を予約または計画している人は、89.0%は国内、11.0%は海外と回答。
● 期間中の連休日数は、最大3連休が19.8%でもっとも多く、続いて5連休(15.5%)、10連休(14.8%)。
● 宿泊予約のピークは5月3日(火・祝)が最多。続いて4月29日(金・祝)となり、5月2日(月)を境に2極化傾向。※『じゃらんnet』チェックイン日ベース

[画像4: リンク ]



[画像5: リンク ]




国内宿泊旅行 予約状況
[画像6: リンク ]


ゴールデンウィーク期間の旅行に関する交通手段(アンケート結果)

● 車(レンタカー含む)と回答した人が半数を超え(50.3%)、電車(30.5%)、新幹線(28.8%)が続く結果となった。
ガソリン価格が前年に比べると下がっていることから、車を利用する人が多いことがアンケート結果からもうかがえる。
なお、観光列車は4.7%が回答。少数ではあるが、毎年各地でさまざまな観光列車が運行開始することを受け、旅行者が交通手段や旅行の目的として選択することが考えられる。

[画像7: リンク ]




ゴールデンウィーク期間の人気旅行先・前年比増加率ランキング(人泊数)

【人気旅行先ランキング トップ10】
● 北海道新幹線開業で注目が高まっている北海道が1位、前年1位の東京都と入れ替わる結果となった。トップ10全体では、福岡県が前年10位圏外からランクインしているものの、前年と顔ぶれは大きく変わらず。

【前年比増加率ランキング トップ10 】
● 都道府県別の伸び率ランキングでは、トップが宮城県で76%アップ。東日本大震災から5年が経ち、各商業施設・観光スポットの相次ぐオープンや仙台駅のリニューアルに伴い、観光地として賑わいを見せている。また、現在放送中のNHK大河ドラマの真田家ゆかりの地としても人気を博しており、昨年以上に旅行者から支持を集めた模様。
● 名古屋駅や博多駅周辺に新スポットが続々とオープンしている愛知県や福岡県も注目度が高く、旅行先としても人気の傾向。
● 「嚴島神社」「原爆ドーム」が世界遺産登録20周年にあたり、 記念イベントが開催される広島県や、日本最古の温泉を誇る温泉地として人気が高い道後温泉を有する愛媛県など、日本国内のみならずインバウンドでも人気の高いエリアで増加が見られた。

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]



[画像10: リンク ]



【『関東・東北じゃらん』編集長 森田 拓朗の注目トピックス】
東京都内は、新宿や銀座エリアに新しく商業施設がオープンし、六本木には、世界的に有名なキャラクターの日本初の美術館がオープン予定! 続々と新スポットが誕生することから、毎年人気の観光地である東京ですが、今年のゴールデンウィークにはさらに注目のエリアでしょう。また肉好きにはたまらない「肉フェス TOKYO 2016 春」をはじめ、関東各地ではさまざまなイベントやお祭りも開催される予定です。
東北は桜前線の上昇に伴い、ゴールデンウィーク期間が見頃になるところもありそうです。桜まつりも各スポットにて開催されることもあり、桜絶景を楽しむために東北を訪れてみるのはいかがでしょうか。


[画像11: リンク ]



【『東海じゃらん』編集長 西 尚子の注目トピックス】
愛知県は、名古屋駅周辺に新たな商業施設がオープンし注目が集まっています。また、愛知県を起点に岐阜県・飛騨高山や三重県・伊勢に足を延ばすなど、東海の旅の拠点として、特にインバウンド需要も高いエリアです。さらに、2016年2月13日に新東名 豊田東JCT~浜松JCTが開通。静岡・愛知間の利用者増加とともに新しいSA・PAも増えました。近年はSA・PAへレジャー目的に訪れる人も増えていることから、このゴールデンウィーク期間も車でのおでかけが増えそうです。


[画像12: リンク ]



【『関西・中国・四国じゃらん』編集長 長田 佳子の注目トピックス】
大阪は、昨年11月万博公園に日本最大級の大型複合施設がオープンし、また今年開業15周年を迎えるテーマパークがイベントを開催するなど、話題が尽きず旅行地として人気を誇っています。それに続き京都は、2016年4月末に京都鉄道博物館がオープン予定。新幹線・在来線の運転がシミュレーションできる体験コーナーなど、鉄道ファンならずとも注目のスポットです!
愛媛県は道後温泉はもちろん、市内を走る明治時代の列車を復元した観光列車も見ものです。また、国民的人気キャラクターがモチーフとなった観光列車が、2016年3月26日から岡山・高松~松山間にて運行を開始しており、大人も子どもも楽しめるエリアとなっているようです。


[画像13: リンク ]



【『九州じゃらん』編集長 長田 佳子の注目トピックス】
今年のゴールデンウィークは、特に福岡県が注目のエリアです。2016年4月21日に博多駅周辺にオープン予定の商業施設には、九州初上陸ショップも入るため注目が高まっています。また、2016年4月24日には、東九州道の椎田南ICと豊前IC間が開通し、北九州~大分~宮崎の約320kmが高速道路で結ばれる予定です。北九州市から大分市までは1時間45分、北九州市から宮崎までは4時間20分となり、北九州⇔大分⇔宮崎のおでかけがますます便利になります。さらに、近年人気が高まりつつある観光列車ですが、九州を走る観光列車は日本人だけではなく、訪日外国人からも高い人気を誇っています。


▼リクルートライフスタイルについて
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事