logo

長期安定性、低消費電力 NDIR式CO2センサの販売を開始

グローバル電子株式会社 2016年04月06日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016年4月6日

グローバル電子株式会社

英国Gas Sensing Solutions Ltd.と販売代理店契約を締結
~長期安定性、低消費電力 NDIR式CO2センサの販売を開始~

電子機器総合企業であるグローバル電子株式会社 リンク(東京都新宿区 代表取締役 松田 樹一 、 )は、英国 カンバーノールドに本社を置くGas Sensing Solutions Ltd. リンク(ガス センシング ソリューションズ、以下GSS )と日本国内における販売代理店契約を締結し、2016年3月より(*1)NDIR 式CO2センサ製品の販売を正式に開始します。

GSSは2006年に英国で設立され、中赤外線と検出技術を統合したNDIR式CO2センサに特化したメーカーです。NDIR式CO2センサは長期安定性と精度の高い測定がワイドレンジで可能であり、更に低消費電力が特長です。同社製品は、デジタル出力、小型、低ノイズ、高速応答タイプ製品など用途に合わせたラインナップがあり、ビルシステム、産業機器、建設、食品、農業、環境分野など幅広い分野での採用実績があります。

グローバル電子は各種センサ、電子部品を多数取り扱っており、国内での販売実績があります。また、センサシステムに欠かすことができない「アナログ技術」にも長年力をいれており、お客様のニーズに合わせたトータルソリューションのご提案を強みとしています。

今日、様々な分野でのM2M、IoTの実用化が広がりつつあり、センサにとどまらず電子デバイスの新たな可能性が拡大しています。これを受け、当社のラインナップに加わったGSS製品と相乗効果が期待できる温湿度センサ、気圧センサ、他コントロールデバイスなどと合わせ、ビルシステムや環境モニタリングシステムを中心に販売促進を図り、3年で2億円の売上げを目指します。
グローバル電子は、これからもセンサシステムに貢献するサービスをお客様にご提供してまいります。

(*1)Non-dispersive Infra-red Ray:非分散赤外線。NDIR式とは、CO2が赤外線波長を吸収する特性を利用し、吸収された赤外線量を測定することによりCO2濃度を算出する方法です。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事