logo

ノンアルコールビールに関する調査

株式会社日本能率協会総合研究所 2016年04月05日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年4月5日

株式会社日本能率協会総合研究所

ノンアルコールビールに関する調査

●最近1年以内に習慣的に飲むようになったユーザーが4割以上
話題性の高まりとともに様々なシーンでの飲用が定着
味も「おいしくなっている」と評価されている

●ノンアルコールビールに求めるものは「おいしさ」が断トツ
味で重視しているのは「のどごしのよさ」、「口当たりのよさ」、
「後味がすっきりしていること」、「旨味があること」
「カロリーゼロ」、「糖質ゼロ」、「体によい」など機能ニーズも高い

●味評価は、4銘柄の中では『サントリー オールフリー』がトップ
・『サントリー オールフリー』は、重視度の高い「おいしさ」、「のどごしのよさ」、
「口当たりのよさ」、「後味がすっきりしていること」、「旨味があること」といった  項目で評価が高かった。
・『アサヒ ドライゼロ』は2番目の評価。全体的にバランスよく評価された。
・『キリン フリー』と『サッポロ プレミアム アルコールフリー』は『サントリー
オールフリー』と『アサヒ ドライゼロ』に次ぐ評価。

 株式会社日本能率協会総合研究所(JMAR)では、このたび、20歳から59歳の男女を対象に「ノンアルコールビール」に対する意識と飲用状況、あわせて主要銘柄の「味の評価」を明らかにするためにアンケート調査を行いました。
 本調査は、ふだん1ヶ月に1回以上のノンアルコールビール飲用者を対象に、飲用実態として飲用のきっかけ、飲用理由、飲用シーン、銘柄選択時の重視項目、味の重視項目等を聴取。また実際の味の評価は、おいしさと主な味の評価項目をブラインドで聴取しました。
 本リリースでは調査結果の一部をご紹介いたします。

【 調査概要 】
調査名称:「ノンアルコールビールに関する調査」
調査期間:2016年3月5日(土)~3日6日(日) 2日間
調査対象:20-59歳の男女/首都圏在住/1ヶ月に1回以上「ノンアルコールビール」を飲用
調査方法:プレリクルートによる会場調査
     味覚評価は、主要4銘柄をブラインドで実施
     ※ノンアルコールビールの販売額(2015年見込み)の上位4銘柄を選定
     (出典:2016食品マーケティング便覧 No.2 富士経済)
回答数 :合計:240人(内訳:男女20代/30代/40代/50代で各30人)

※詳細は添付のPDFをご覧ください

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事