logo

帝京平成大学女子サッカー部監督に元サッカー日本女子代表矢野喬子氏が就任

帝京平成大学 2016年04月05日 08時05分
From Digital PR Platform


帝京平成大学女子サッカー部監督に、元サッカー日本女子代表として活躍した矢野喬子氏が就任した。


 矢野氏は、湘南学院高等学校を経て神奈川大学へ進学。
 大学在籍時に日本女子代表に選出され、2003年の女子ワールドカップアメリカ大会に出場。その後は日本女子代表として2004年アテネオリンピック、2007年第5回FIFA女子ワールドカップ中国大会、2008年北京オリンピック4位、2010年第16回アジア競技大会(中国・広州)優勝。

 そして、記憶にも新しい2011年第6回FIFA女子ワールドカップドイツ大会では優勝、2012年ロンドンオリンピックでは2位と成績を残し、女子サッカー界を長年に渡り支え、大いに盛り上げてきた。

 現役時代は女子サッカー界では数少ないプロサッカー選手であり、引退後は日本女子代表の試合での解説や、JFA公認指導者B級ライセンス取得により指導者としても活躍してきた。

 同大女子サッカー部は創部4年目ながら、関東大学女子サッカーリーグ、千葉県女子サッカーリーグで1部に在籍し、大学女子サッカー界で確固たる地位を確立しつつある。
 豊富な実績と経験を持つ矢野氏の就任により、女子サッカー界での更なる躍進が期待される。

●帝京平成大学HP内関連ページ
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 千葉キャンパス 学生支援チーム
 TEL:0436-74-5511(代表)

■学びたい学科がある。実学の総合大学。■
○帝京平成大学は、皆さんの学びたい思いに応える実学教育により、実践能力を身につけ社会に貢献できる人材を養成してきた実績のある総合大学です。
○入試課 TEL:03-5843-3200

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。