logo

エンジニアの地方移住に特化した転職エージェント「sibire(シビレ)」4月1日よりサービス開始

シビレ株式会社 2016年04月04日 14時48分
From PR TIMES

エンジニアの“移住をともなう転職”を支援するエージェントサービス

シビレ株式会社 (2016年1月29日創設、本社:神奈川県横浜市、CEO:豊田 昌代)は、エンジニアの地方移住に特化した転職エージェントサービス「sibire(シビレ)」を2016年4月1日より開始いたしました。




▼sibire(シビレ)-エンジニアよ、地方でシビレろ-
リンク
[動画: リンク ]


■サービス概要
ITエンジニアの地方移住に特化した転職エージェントサービス
sibire(シビレ)に登録すると、地方移住専門ITエージェントが、希望するエリアの仕事を紹介。エントリーしたい企業が決まれば、選考フローを進め、内定・移住までの支援を行います。
自治体ごとに異なる、移住に関する制度や助成金等の情報も提供し、移住の成功へと導きます。

<サービスの特徴>

日本全国の求人案件を保有
登録者ひとりひとりに合った求人を人力でピックアップ
自治体と協力体制をもちながら運営


[画像1: リンク ]

■私たちのミッション
エンジニアの地方移住を支援。地方をオモシロく、シビレる場所に
近年、IT企業が新たな開発フィールドとして地方を選び、拠点を立地するケースが増えてきており、それに伴い、地方移住を検討するエンジニアも増加しています。
私たちは、地方に立地する“シビレる” IT企業と、“シビレる”移住者を紹介することで、「地方で働く=シビレる」という啓蒙を行い、ITエンジニアの地方移住を促進します。
ITエンジニアが転職を検討する際の選択肢のひとつして「地方のIT企業」を視野にいれてもらい、東京に一極集中していた人材の分散を図ることで、地方活性化を図りたいと考えます。

<サービス開始の背景>
若年層の地方志向者が増加。希望する地方に住むための職業紹介を行う
都市住民の、地方への定住願望についての調査によると、2014年は2005年の調査に比べ30代の地方への定住願望が17.0%から32.7%へ、40代では15.9%から35.0%へと伸びている。


また、地方移住の相談窓口である「特定非営利活動法人ふるさと回帰支援センター」が実施した利用状況の調査では、2014年の利用実績は来場者数が前年度から約1.4倍に増加、40代までの若い世代の利用者数の増加が特徴的であるとレポートされている。

[画像2: リンク ]

【参考】リンク

■コンセプト
地方×テクノロジー。止まっていた世界が、エンジニアの力で動き出す
sibireのビジュアルは、新進気鋭の映像クリエイター・瀬川三十七が手掛ける「動く浮世絵」。
地方に住む天才エンジニアたちが、時間が止まった浮世絵の世界にシビレる展開を与えます。

刺激的でクリエイティブな働き方の提案
自分で働く場所を選べる職種であることの気づき
自分たちの力で、地方を稼げる場所にする


■会社概要
「地方をオモシロく、シビレる場所にする」をスローガンに、2016年1月29日に設立。
設立者である豊田昌代と鈴木翠は、2014年より、地方自治体が主導で行う都市部のIT人材の誘致プロジェクトに参画。全国規模で、都市部から地方への人材の流れをつくりたいという想いをもち、新会社設立。4月1日に有料職業紹介事業者として、サービスを開始。

商号   : シビレ株式会社
代表者  : 豊田 昌代
設立   : 2016年1月29日
事業内容 : 地域活性事業(有料職業紹介事業)
資本金  : 500万円
URL     : リンク

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:シビレ株式会社
担当者名:豊田昌代
TEL:080-2073-7971
Email:press@sibire.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事