logo

【イベント開催報告】「ナチュラムーン」の4周年記念ファン感謝イベント、大盛況の内に終了

日本グリーンパックス株式会社 2016年04月04日 11時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016年4月4日

日本グリーンパックス株式会社

【イベント開催報告】
オリジナル女性用衛生用品ブランド「ナチュラムーン」の4周年記念ファン感謝イベント、大盛況の内に終了

環境指向商品や雑貨類の開発・輸入・販売事業を展開する日本グリーンパックス株式会社(本社:京都府長岡京市城の里10-9、代表取締役:山中利一)は、女性用衛生用品ブランド「ナチュラムーン」の発売4周年を記念したイベントを、2016年3月4日(金)と3月5日(土)に開催しました。

【「ナチュラムーン」の詳細をご確認いただけるブランドサイトはこちら→ URL : naturamoon.jp 】


 「ナチュラムーン」は、当社の商品企画チームの女性社員が女性の目線で企画・開発した、生理用ナプキンなどの女性用衛生用品シリーズです。

 トップシートと呼ばれる肌に当たる部分に天然コットン100%の不織布を使い、経血の吸収材には木材由来の綿状パルプという素材を使っていることが大きな特徴です。
 コットンや木材パルプという天然素材の持つ通気性や温かみを感じられ、肌がかぶれたりかゆくなったりしやすい敏感肌の女性や、体の冷えが気になる女性から、使いやすいとご好評いただいています。
 今回のイベントは、当ブランドが4周年を迎えたことを記念し、ご愛用いただいているファンの方々に感謝を伝えるとともに、商品の改良や今後の新商品開発の参考にするため、愛用者の皆様の声を直接聞く機会として開催いたしました。

 このイベントの模様を、次のように報告いたします。


■ イベントの主な内容

(1) ナチュラルライフに関するトークセッション
 オーガニックコットンブランド「nanadecor(ナナデェコール)」のディレクターである神田恵実様をゲストに迎え、忙しい女性が毎日をポジティブに快適に過ごすために必要な、肌に触れるもの・身につけるものの正しい選び方、毎晩良い睡眠を取るためのちょっとした工夫、食の整え方など、様々なテーマでお話いただきました。
 体験に基づく的確なアドバイスに、ご参加された皆様は日々の生活のヒントやナチュラルなライフスタイルの必要性を実感されたようです。

(2) ナチュラルライフをサポートする商品やサービスの展示スペース見学会
 参加者の方に、「ナチュラムーン」以外にもナチュラルライフや女性の充実した生活をサポートする商品やサービスなどを知っていただく機会にするため、計8社の企業にご協力いただき展示スペースを用意しました。また、「ナチュラムーン」ブランドの生理用ナプキンの製造元にもご協力いただき、普段なかなか見ることができない内部の素材や構造についてご紹介をいただきました。
 参加者の皆様には、「これまで知らなかった商品が知れた」「なかなか企業の人と身近に接する機会が無いので良かった」とご好評をいただきました。

(3) 愛用者の声発表会
 展示スペース見学の時間に、愛用者様の声をその場で発表していただきました。生理用ナプキンなどの女性用衛生商品に限らず今後新たに開発してほしい商品や、「ナチュラムーン」ブランドに望むことなど、忌憚のないご意見を数多く発表していただきました。

(4) ビンゴ大会

 展示スペースにご協力いただいた企業をはじめ、様々な企業に商品をご提供いただき、イベントに参加された方全員に景品が当たるビンゴを実施しました。景品テーブルの前には、魅力的な商品を前に迷ってしまう方々の長い列ができました。


■ アンケートに寄せられた「ナチュラムーンご愛用の理由」

 参加者の皆様にご協力いただいたアンケートには、「ご愛用の理由」として、以下のような声が寄せられました。
(プライバシー保護等のため、一部文章を修正している箇所があります。また、以下にご紹介するコメントは、すべて愛用者様個人の感想であり、商品の効果を保証するものではありません。予めご了承ください。)

1. 「肌がかぶれない」「かゆくならない」といった理由
・肌が荒れず、かぶれないため。
・敏感肌なので、ものによっては肌荒れしてしまうのだが、ナチュラムーンは肌にやさしく、使用感がとても良い。
・前回の生理で初めて使用しました。かぶれなくて、びっくりしました。
・一度使ってみてかぶれなかったから。2~3回に一度は、どのメーカーのものでもかぶれることがあったが、それが無かったので。
・肌がかぶれやすく、体調が崩れ気味の時は他のものを使うと赤くかゆくなってしまうので。
・生理が快適!におわなくなり、かぶれも減りました。
・肌が弱くて、いろいろな商品を調べていたときに、かぶれにくい商品と知って使ってみました。本当にかぶれないので、愛用しています。
・肌に合っているようで、かゆみや痛みがないので、使い心地がとてもいいです。
・蒸れ防止のため。
・アレルギー体質のため、カブレに悩んでいた。布ナプキンを使用していたが、ある時ネットでナチュラムーンを見かけて、試してみたら良かったので、それ以降使用している。

2. 「温かく感じる」「着け心地がいい」といった理由
・何と言っても肌ざわりが心地いい。やさしい。あたたかい。ブルーデイを快適に過ごさせてもらえるから。
・生理痛がひどかったので使用してみました。痛みが軽くなった気がしていて、生理自体が早く終わるようになりました。
・着け心地がとても大満足できるナプキンなので、使い続けています。
・これまでのナプキンだと体が冷えていたけれど、冷えやかぶれが軽くなっているので。
・お肌にやさしいことが理由です。かゆくならないし、付けると少しあたたかい感じがします。他社の薄型に比べると厚みがあるけど、実際は全く気になりません。あと生理期間がだらだらと続くことがなくなりました。不思議です。

3. 「布ナプキンの使い心地に近い」「布ナプキンより手軽」といった理由
・布ナプを使うことが多いが、布ナプと同様に気持ちが良いので、旅行のときや忙しくて布ナプを洗う時間が無い時に愛用しています。
・布ナプキンと併用しています。外出時などは、布ナプキンの使用(持ち歩き、持ち帰り)がはばかられる時もあるので、大変助かっています。
・布ナプキンを使用していたが、面倒くさく、代わりになるものを探していた。
・布ナプキンを使用しているが、ナチュラムーンの方が手軽。一般の紙ナプキンは、もはや身につけていたくないほど。
・通常ナプキンから布ナプキンにしようを思いましたが、布ナプキンはまだ不安なため、ナチュラムーンを使っている。
・布ナプキンに興味があったが、取り扱いがむずかしそうで…。ナチュラムーンなら使えそう!と思って使ってみたら、とても良かった。(ニオイと冷えが改善された)
・布ナプに興味がありましたが面倒そうで使っていなかったので、このような“良いとこどり”の商品に出会えてよかったです。


■ ナチュラムーンシリーズの3つの特徴

(1) かぶれにくい、コットン100%のトップシート
 直接肌に触れるナプキンのトップシートには、天然コットンだけでできた不織布を使用。自然な温かみがある肌ざわりです。また、通気性のよいエアスルーフィルム加工により、かぶれやかゆみの原因となる蒸れを防ぎ、肌へのストレスを軽減します。

(2) 高分子吸収材不使用
 一般的に、生理用品の経血吸収材として採用されているのは、水分を吸収してジェル状に固まる「高分子吸収材」と呼ばれる化学製品です。(※1) 「ナチュラムーン」が採用した吸収材は、吸水力が高い綿状パルプという木材由来の素材なので、より布ナプキンに近い使用感になっています。

(3) 酸素漂白
 医薬部外品として登録される生理用ナプキンには、肌に当たる面が「白色」であり、「においがほとんどない」「異物を含まない」といった厳しいルールがあります。ナチュラムーンのトップシートは、環境への負荷が低いとされている過炭素ナトリウムによる酸素漂白(漂白後に酸素と水に分解される)を施し、この基準をクリアしています。

 なお、おりもの用の製品にはこうしたルールがないため、ナチュラムーンの「おりもの専用シート」には無漂白のオーガニックコットンを採用しています。


 「ナチュラムーン」の生理用ナプキンは、日本国内で医薬部外品として認められている生理用ナプキンの中で、コットン100%のトップシートと高分子吸収材不使用を両立した、日本で初めて商品です。(※2)


■ イベント開催概要

名称 : 「ナチュラムーン ファンミーティング」
主催 : 日本グリーンパックス株式会社
日時 : 2016年3月4日(金) 19:00~21:00 および 2016年3月5日(土) 11:00~13:00
場所 : 品川プリンスホテル メインタワー宴会場28階 「エメラルド28」
参加費 : 無料



※1 「高吸水性樹脂」や「吸水ポリマー」とも呼ばれ、自重の数百から数千倍の水分を吸収してジェル状に固まる性質を持っています。
※2 2012年10月1日、同シリーズ販売開始時点(自社調べによります)。


<日本グリーンパックス株式会社について>
 1969年の会社設立から、各地の自治体に対して家庭ごみの収集や処理に関する新しい商品や仕組みの提案を行ってきました。独自の商品・サービスを通して、自然と調和し、人にやさしく、環境と共生する循環型社会の実現を目指し、現在は、官公庁事業(一般廃棄物に関わる官公庁施策のトータルサポート)、エコビジネス事業(環境関連設備・資材の販売)、ライフスタイル事業(人と環境に優しい家庭用品の企画開発・販売)の3つの柱で事業を展開しています。
(日本グリーンパックス株式会社ウェブサイト:リンク


■この件に関するお問い合わせ先
日本グリーンパックス株式会社
東京支社:〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-26 浜町京都ビル3階
Tel 03-3663-8745 / Fax 03-3639-8744
担当:上山(かみやま)
e-mail: info@greenpacks.co.jp


<掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。>



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。