logo

国が認定の小型家電の宅配便回収 リネットジャパン 大阪府初!泉南市・阪南市で協定を締結~2016年4月1日より、市公認の使用済小型家電の宅配便回収サービスを開始~

リネットジャパングループ株式会社 2016年04月01日 11時00分
From PR TIMES



 リネットジャパン株式会社(本社:愛知県大府市、代表取締役社長:黒田 武志、以下「リネットジャパン」)は、泉南市・阪南市と協定を締結し、大阪府の自治体では初の取り組みとして、宅配便を活用した使用済パソコン・小型家電の回収を実施いたします。

 小型家電にはレアメタル等の有用な金属が多く含まれていますが、有効に活用されることなく埋め立て処理されたり、海外で不適正処理されてきました。特にパソコンは、リサイクルを重点的に行うべき製品として位置づけられており、既に製造事業者(メーカー)が回収する制度がありますが、排出量に対して回収率は 5%程しかありません。また、「捨て方がわからない」や「データが心配」という理由から退蔵されることが多く、経済産業省の調査では約47%の家庭で不用なパソコンが眠っているという結果も出ています。この調査結果から、泉南市と阪南市には、パソコン2万5千台以上が退蔵されていると考えられます。

 これらパソコン・小型家電に含まれる資源を有効に利用し適正な処理を図るために、2013年4月に「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)」が施行され、国の認定事業者や各自治体による小型家電の回収・処理がスタートしました。リネットジャパンは、 2014 年 1月に、環境省・経済産業省から小型家電リサイクル法の再資源化事業計画の認定を取得しています。全国エリアを対象とする事業者では第1号の認定であり、小型家電リサイクル法に基づく全国初・国内唯一の取り組みとして、使用済小型家電の宅配便回収サービスを開始しています。

 今回の連携により、泉南市と阪南市の住民は宅配便回収を優遇料金(パソコンが入ると無料)で利用できます。また市民サービスの向上により、適正ルートでの回収が促進され住民のパソコン処分の課題解決、社会問題となっている無許可業者への排出抑制、回収品の再資源化、ごみ減量等に寄与できると考えております。

 リネットジャパンは、宅配便を活用したパソコン・小型家電のリサイクルを通じて、限りある資源の有効活用を促進し、一層の環境・社会への貢献を目指して参ります。


【サービス概要】
■利用方法:
・インターネットから申し込み後、希望日時(年中無休・最短翌日)に佐川急便がご自宅まで回収に伺います。
・回収後は、国の審査を受けた認定工場で確実に処理を行います。
・回収から処理完了までのトレーサビリティーは、マイページで確認することが可能です。
・対象品目は、パソコンを中心に400品目以上、殆どの家電製品が対象です。
・1箱880円(税抜) → 【泉南市民と阪南市民 優遇料金】パソコンを含むと無料
   ※パソコン本体を含まない回収、2箱目以降の回収は1箱880円(税抜)
   ※箱に入れば小型家電(400品目以上)は何点詰めてもOK
   ※箱のサイズは3辺合計140センチ、重量20キロ以内
   ※パソコンのデータ消去ソフトも無料で利用可能、別料金で消去作業+証明書発行も可能
   ※優遇料金は、リネットジャパン(株)と協定を締結している自治体限定の料金です。

[画像1: リンク ]


【パソコン処分の現状・協定締結による効果】
[画像2: リンク ]


【他自治体との連携】※平成28年4月1日時点
宅配便回収は、全国82市町村と連携
 ・政令指定都市
   札幌市,仙台市,新潟市,さいたま市,千葉市,川崎市,相模原市,横浜市,静岡市,浜松市,京都市,
   神戸市,福岡市
・近畿エリア
   京都府 : 京都市,長岡京市,亀岡市,向日市
   兵庫県 : 神戸市,尼崎市,淡路市,洲本市,南あわじ市,川西市


【リネットジャパンについて】
宅配便を活用したリサイクル事業を展開。リネットジャパングループ株式会社が運営する日本最大級のネット中古書店「ネットオフ」事業にて培った宅配買取サービスのノウハウを活用し、2013年3月に新規事業として取り組みを開始。2014年1月に環境省・経済産業省から小型家電リサイクル法の再資源化事業計画の認定を取得、全国エリアを対象とした認定では第1号となります。
会社名   : リネットジャパン株式会社
本社所在地 : 愛知県大府市一屋町三丁目45番地
代表取締役 : 黒田 武志
設立    : 2013年3月
URL    : リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事