logo

Desay SV Automotive Electronics、PLMソフトウェアの戦略的パートナーにシーメンスを選出

-業界の基準を打ち立てるために、シーメンスの自動車業界向け完全統合ソリューション
を導入

-製品開発のあらゆる業務を一元化するデジタル・エンタープライズ・ソフトウェア・
スイート

-Desay SVに競争優位性とIndustrie 4.0への道筋を提供

世界中に自動車電装部品を提供している中国大手のHuizhou Desay SV Automotive Electronics Co., Ltd.(以下Desay SV)は、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアの戦略的パートナーとしてシーメンスを選びました。Desay SVがその決定の重要な基準として挙げたのが、製品開発のあらゆる業務を一元化するシーメンスの包括的なソフトウェアのユニークな点でした。またDesay SVはこのパートナーシップを第4次産業革命とも言われる通称Industrie 4.0への対応準備のための重要なステップと位置付けています。Desay SVはシーメンスの自動車業界向けPLM統合ソフトウェア・ソリューションの採用によって、製品品質の向上、市場投入期間の短縮、コスト削減、競争優位性の強化が期待できるとしています。両社は協働してデジタル・マニュファクチャリングの今後の可能性を探っていきます。

「シーメンスはIndustrie 4.0のビジョンと戦略においてパイオニア的な存在です。シーメンスは、プロジェクト管理、3Dモデリング、コラボレーション、品質、製造のための統合ソリューションの実装を可能にする広範な経験と高度なデジタル・
マニュファクチャリングとインテリジェント・マニュファクチャリングの技術を保有しています。シーメンスのチームは今日置かれている状況やこれから進むべき道筋など当社のビジネスを良く理解してくれているだけでなく、当社の製品開発ニーズを満たしてくれます。このパートナーシップを通して、デジタル・エンタープライズへの変革に向けて少しずつ前進し、当社のビジネス・モデルをIndustrie 4.0に完全対応させていきます」とDesay SVの董事長のTan Choon Lim氏は述べています。

シーメンスは、PLMと製造オペレーション管理(MOM)のソフトウェア、システムおよび関連サービスにおいて世界をリードするグローバル・プロバイダーとして、デジタル・エンタープライズを構築する基盤となるデジタル・エンタープライズ・ソフトウェア・スイートを提供しています。このソフトウェア・スイートは、アイデアの創出から製品の実現、利用に至るイノベーション・プロセス全体を通して、製品の物理特性とパフォーマンス特性を正確かつバーチャルにモデリングする「デジタル・ツイン」を作成することによって、Industrie 4.0の要件をも凌ぐ対応を可能にします。

Desay SVでは、徹底した調査と慎重な考慮を重ねた結果、シーメンスこそがIndustrie 4.0のロードマップを実現してくれる重要なテクノロジー・イネーブラーであるとの認識に辿り着きました。シーメンスが提供するソリューションによって、全社的な効率性と製品品質の向上、市場投入期間の短縮、製造プロセスでのコスト削減が大幅に見込めるとしています。

また、これまでにシーメンスが培ってきた製造業や自動車業界における経験と専門知識も、Desay SVがシーメンスをパートナーとして選んだ大きな決め手となりました。シーメンスはこれからも顧客の業界のニーズに基づいたソリューションに取り組んで提供を続けていきます。自動車電装部品サプライヤー向けには、変化の激しい業界の課題を解決し、ニーズを満たすモデル駆動のイノベーションを実現させるソリューションとテクノロジーを提供しています。

中国広東省恵州市を拠点とするDesay SVは、南京、深セン、シンガポール、ヨーロッパ、日本に研究開発拠点と支社を置いています。世界で60を超える自動車メーカーを相手にするサプライヤーであり、強力な研究開発と優れたサービス品質が認められて、何年にもわたり「ベスト・サプライヤー」として称賛されています。

「自動車電装部品サプライヤーは、急拡大する市場とそれに伴って目まぐるしく変化する要件に応えるため、これまでのプロセスやシステムを最適化、再編する必要に迫られています。Desay SVが増え続けるビジネスの複雑な課題を共に解決し、デジタル・マニュファクチャリングとIndustrie 4.0の革命的目標を達成するために、当社をパートナーに選んでいただき大変光栄に思っています。密接なコラボレーションを通して、共に自動車電装部品業界にデジタル・マニュファクチャリングのベンチマークを築き上げていきます」と、シーメンスPLMソフトウェアのグレーター・チャイナ担当シニア・バイスプレジデント兼マネージング・ディレクターのLeo Liangは述べています。

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンスデジタルファクトリー事業本部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)とMOM(製造オペレーション管理)のソフトウェア、システムおよび関連サービスにおいて世界をリードするグローバル・プロバイダーです。これまで世界140,000社以上のお客さまにサービスを提供し、1,500万ライセンス以上のソフトウェアの販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地とし、数多くのお客様と協働して各種産業向けソフトウェア・ソリューションを提供しています。これによりお客様がイノベーションを実現し、世界中で競争優位性を常に確保できるよう支援しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は
www.siemens.com/plm にてご覧いただけます。

シーメンスAG について
シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、165年以上もの間、卓越したエンジニアリングとイノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業であり続けています。電化、自動化、デジタル化の分野を中心に世界200カ国以上で事業を展開しています。シーメンスはエネルギー効率に優れた省資源技術を世界でもっとも多く提供している企業のひとつであり、海洋風力発電の建造では世界一、コンバインドサイクル発電では主要サプライヤー、送電ソリューションでは大手プロバイダー、そしてインフラストラクチャー・ソリューションならびに産業向け自動化ソリューションとソフトウェア・ソリューションのパイオニアです。さらにシーメンスは、コンピューター断層撮影や磁気共鳴画像診断システムなどの医用画像診断装置の大手サプライヤーでもあり、また臨床診断および臨床情報技術のリーダーでもあります。2015年9月30日を期末とする2015年度における売上は756億ユーロ、営業利益は74億ユーロでした。2015年9月末現在の全世界の社員数は348,000人です。
シーメンスに関する詳細は www.siemens.com にてご覧いただけます。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。
その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。