logo

ファラデー社のMIPI IPサブシステムの出荷数が1500万に到達

Faraday Technology Corporation 2016年04月01日 10時18分
From 共同通信PRワイヤー

ファラデー社のMIPI IPサブシステムの出荷数が1500万に到達

AsiaNet 63925

【新竹(台湾)2016年3月31日PR Newswire】

市場で幅広く採用されるMIPI D-PHY、RX Combo PHY IP、CSI-2、DSI、プロトタイプで構成されるMIPI IPサブシステムファブレスASIC/SoCとIPの大手プロバイダーFaraday Technology Corporation(TAIEX: 3035)は31日、同社のMIPI IPサブシステムが幅広く採用され、累積出荷数が1500万に達したと発表した。顧客には世界中の大手システム企業や大手ファブレスベンダーが含まれ、その分野はモバイル、監視、デジタルスチルカメラ(DSC)向けのアプリケーションに及んでいる。

ファラデー社のMIPI IPサブシステムは、カメラおよびディスプレーのアプリケーション向けに2つの統合ソリューションを提供する。カメラ・ソリューションは、カメラシリアル・インターフェース(CSI-2)コントローラーとCombo PHY IPで、MIPI D-PHY、小電圧差動信号方式(LVDS)、HiSPiを統合しており、ウエアラブル・モバイル機器、DSC、監視カメラ、自動車機器などのIoT、モバイル、カメラ・アプリケーション向けのさまざまなインターフェースをサポートできる。ディスプレー・ソリューションはディスプレーシリアル・インターフェース(DSI)コントローラーとMIPI D-PHY IPによって、モバイル、民生用途、監視カメラ等のアプリケーション向けのスーパーハイビジョン(UHD)ビデオキャプチャーを実現する。

ファラデー社のレミ・ユウ副社長(マーケティング&ビジネスプロジェクト開発担当)は「最先端の大手SoC顧客との緊密な協力を通じて、われわれはモバイル市場以外のさまざまなアプリケーションにMIPIの採用が急増していると認識しています。出荷数がふえたことは当社のソリューションが他社に比べ優位にあることを実証しており、拡大する市場需要にソリューションが十分適合していることを示している。われわれはスーパーハイビジョン(UHD、4K/2K)の機能など技術の進化に寄与できたことをうれしく思う。ファラデー社は将来に向けたアグレッシブでかつ明確なロードマップを保有しており、近い将来、顧客とともに市場でのさらなる成功を必ず達成する」と語った。

供給状況

カメラ・ソリューション
・MIPI D-PHY v1.1(1.5Gbps/lane) at UMC 40LPおよび55SP
・MIPI D-PHY v1.2(2.5Gbps/lane) at UMC 28HPC(2016年後期に供給開始)
・Rx Combo PHY(MIPI、LVDS、sub-LVDS、HiSPi) at UMC 40LP、UMC 28HPCは2016年第3四半期までに発売
・MIPI CSI-2 v1.1/v1.2 TX/RXコントローラー

ディスプレー・ソリューション
・MIPI D-PHY v1.1 (1.5Gbps/lane) at 40LP and 55SP
・MIPI D-PHY v1.2 (2.5Gbps/lane) at UMC 28HPC(2016年第3四半期までに供給開始)
・MIPI DSI host/peripheral v1.1/v1.2 コントローラー

出典:Faraday Technology Corporation


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事