logo

電通特別講義「ブランド・マネジメント」を開講 ~国際大学(IUJ)MBAプログラムの試み~

国際大学 2016年04月01日 08時05分 [ 国際大学のプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform


国際大学(新潟県南魚沼市、学長 加瀬公夫)MBAプログラム(国際経営学研究科)は、株式会社電通の特別講義『ブランド・マネジメント』を2016年春学期(4~6月)に開講する。本講義は、電通の社内シンクタンクである電通総研の「JAPANOLOGY」プロジェクトの取り組みの一環であり、国際色豊かな同大の受講生の実務経験を最大限に活かしたケースメソッド型の授業を主体とする。企業が実際に直面した問題をもとに作成された教材(ケース)を使って討議し、経営者に必要とされる実践的な思考力・判断力・発想力を磨いていく。また、日本を含む世界の企業の最新ケースを取り入れているのも特徴である。


 現在、国際経営学研究科には163名が在籍、内15カ国40名の学生が本講義を受講予定である。同研究科はMBA2年制プログラムに加えて、2013年には、企業からの派遣学生を対象にMBA1年制プログラムを開設。従来からのMBA2年制プログラムおよび1年制Eビジネス経営学プログラムとともに、同大のミッションである「グローバル人材の育成」を推進中である。講義においても産業界との連携も図りながら、世界および日本企業の事例を取り入れていく。

 国際大学は、本特別講義を皮切りとして、電通と更なる産学連携を行っていく予定である。同大のケースセンターとの協業(共同ケース開発)やアジアからの留学生との共同企画などが挙げられている。

■電通総研「JAPANOLOGY」プロジェクト:
 2020年とその先に向けて、日本の強みや得意とする能力にあらためて光を当て、世界を良くする日本らしさを探究していく取り組み。

▼本件に関する問い合わせ先
 国際大学 広報担当 保坂/佐々木
 TEL: 025-779-1116
 FAX: 025-779-1184
 電子メール:media@iuj.ac.jp
 リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事