logo

市内全ての公園203園に防犯カメラを300台設置します!~1,400台以上の防犯カメラを稼働し、「大阪で一番安全なまち」をめざします~

箕面市は、「大阪で一番安全なまち」をめざし、市内全ての公園203園に防犯カメラ300台を設置します。今回、公園に防犯カメラを設置することで、平成28年度末までに市内で合計1,400台以上の防犯カメラが稼働する予定です。

箕面市は、「大阪で一番安全なまち」をめざし、市内全ての公園203園に防犯カメラ300台を設置します。今回、公園に防犯カメラを設置することで、平成28年度末までに市内で合計1,400台以上の防犯カメラが稼働する予定です。
これまで、箕面市では児童連れ去りや痴漢などの犯罪防止のため、箕面警察署の全面的な協力を得て、全ての市立小中学校の通学路に750台を設置しました。平成27年度・平成28年度には、2年間限定で自治会の防犯カメラ設置に対する補助金制度を拡充しており、約360台の設置を見込んでいます。自治会に防犯カメラの設置を進めるなかで、自治会から「公園にも設置してほしい」との要望が多くあったため、今回、公園にも防犯カメラを設置することになりました。
防犯カメラの設置を進めたことにより、ひったくりなどの街頭犯罪が2年間で約90件も減少したり、防犯カメラの映像により犯人逮捕に至るなど大きな効果を上げており、今後さらに犯罪抑止効果と早期解決が期待されます。

1.全ての公園に防犯カメラを設置
箕面市は、「大阪で一番安全なまち」をめざし、市内全ての公園203園に防犯カメラ300台を設置します。今回、市内全ての公園に300台の防犯カメラを設置することで、平成28年度末までに市内で合計1,400台以上の防犯カメラが稼働する予定です。
公園への防犯カメラ設置は、自治会に防犯カメラの設置を進めるなかで、自治会から「公園にも設置してほしい」との要望が多くあったため、実施するものです。今後、市では、箕面警察署から適切な助言を受けながら、公園の規模や形状に応じて1つの公園に防犯カメラを複数台設置したり、「防犯カメラ設置」の看板も設置するなど、犯罪抑止効果を高めて設置します。
【概要】
○設置場所:市内全ての公園 203園
○設置台数:300台
○予算額:70,648千円(平成28年度当初予算)

2.これまでの取り組みと防犯カメラ設置の効果
箕面市では、児童連れ去りや痴漢などの犯罪防止のため、箕面警察署の全面的な協力を得て、平成26年度に全ての市立小中学校の通学路に750台の防犯カメラを設置しました。平成27年度・平成28年度には、2年間限定で自治会の防犯カメラ設置に対し90%を補助する制度を拡充し、約360台の設置を見込んでいます。
防犯カメラの設置を進めたことにより、平成25年にはひったくりなどの街頭犯罪が635件もあったものの、平成26年には585件に、平成27年には543件になり、2年間で約90件もの犯罪発生件数が減少しています。また、防犯カメラの映像をもとに計9件ものひったくりやわいせつ事件の犯人が逮捕されるなど、その効果が大きく現れています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。