logo

スマホをかざせば、心臓が飛び出す!? 21世紀型AR科学漫画学研まんが科学ふしぎクエスト「人体迷宮を調査せよ! めぐる血液の冒険編」発売

株式会社学研プラス 2016年03月23日 10時00分
From PR TIMES

「博士」が解説してくれない学習まんが!?



株式会社 学研プラス(東京・品川 社長/碇秀行)は、学研まんが科学ふしぎクエスト『人体迷宮を調査せよ!めぐる血液の冒険編』を2016年3月10日に発売した。
[画像1: リンク ]



「学研まんが科学ふしぎクエスト」は、「ひみつシリーズ」や「科学と学習」など、科学の世界の魅力を小学生に向けてわかりやすく伝えることでは定評のある学研の新シリーズ。
このシリーズは、昔ながらの、博士が登場して解説するような「授業型」の学習まんがではない。
主人公たちはふつうの小学生で、ふしぎ生物「コロナ」と一緒に、調べ、体験し、学びながら目標や困難に立ち向かっていく。読者は主人公たちと冒険しながら、ともに学び成長していくことができる、新しいタイプの学習まんがだ。
本書は、本シリーズの『人体迷宮を調査せよ! 食べ物のゆくえ編』の続編にあたる。心臓・肺・血管・腎臓などの循環器をめぐる冒険譚となっている。

●スマホで心臓が飛び出す!
スマートフォンをかざせば、AR(拡張現実)で3DCGによる心臓や肺の動きが飛び出すページも。実際に目にすることはできないからだの中の臓器を、手にとるように見ることができる。心臓と一緒にシュールな記念写真を撮ることもできるのだ。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



●「学研まんが科学ふしぎクエスト」とは
「子どもに楽しんで科学を学んでほしい」「子どもの興味をのばしてあげたい」そんな全国の父母の声に応えた新学習まんがシリーズ。全ページオールカラー。面白いストーリーと、ためになる科学知識が満載。内容はすべて専門家が監修し、最新科学の情報まで踏み込んで知識の深堀りをしている。
これからの小学生に必要な「批判的思考力」「問題解決力」を主人公の姿を通して学ぶことができるシリーズだ。
そのほかシリーズ既刊には、「昆虫ワールド大脱出!」「人体迷宮を調査せよ! 食べ物のゆくえ編」「恐竜白亜紀アドベンチャー」があり、今後も子どもたちに人気のあるテーマで続々発刊予定。
[画像6: リンク ]



[商品概要]
学研まんが科学ふしぎクエスト
「人体迷宮を調査せよ! めぐる血液の冒険編」
発行:株式会社 学研プラス
定価:本体 1,200円+税
発売日:2016年3月10日
判型:B5変型 168ページ
電子版:あり(5月リリース予定)
※電子書籍版でもARをお楽しみいただけます。
発売場所:全国書店にて発売
対象:小学校低学年から高学年
ISBN: 978-4-05-204290-4
学研出版サイト: リンク

【ネット書店でのご注文はコチラ】
Amazon: リンク
紀伊國屋書店: リンク
楽天ブックス:リンク

【シリーズに関する情報はコチラ】
リンク

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事