logo

基幹業務でJIS2004規定文字の表示・入力が可能に、IBMメインフレーム用端末エミュレーター「FALCON 3270 Ver.5」を新発売

コンピューターソフトウェア開発の専門会社、株式会社インターコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:松原由高)は、IBMメインフレームの専用端末と同等の機能をWindowsパソコンで実現できるようにする端末エミュレーターの最新版「商品名:FALCON 3270 Ver.5」(読み:ファルコン サンニーナナマル バージョン ファイブ)を新開発し、2016年3月23日(水)に販売開始します。

本商品は、今後基幹業務での採用が進む文字規格「JIS X 0213:2004」(※1)(以下「JIS2004」)に対応しました(※2)。基幹システムと接続したWindows 10パソコンを使って、「JIS2004」で規定された計11,233字の文字や記号を画面表示・入力、ホスト印刷、ファイル転送で使用できます。


▼「FALCON 3270 Ver.5」画面イメージ
リンク


《商品の特長》

1982年、国内初の端末エミュレーターをインターコムが開発しました。1992年からは「FALCON」シリーズとして発売し、累計導入実績3,200社、112万クライアントを超えるインターコムのミリオンセラー商品となっています。

「FALCON 3270 Ver.5」は、z/OS、OS/390、MVSなどが動作するIBMメインフレームへの入出力装置として機能する端末エミュレーターの最新版です。IBM純正端末「Personal Communications」(PCOMM)と高い互換性を持ち、基幹業務に必要な機能をWindowsパソコンで使用できます。今回、「JIS2004」の内容を取り込んだIBM日本語ホストコード「CCSID 1390/1399」に新たに対応しました。本商品を導入する金融機関や生損保会社では、個人名や地名が記載される帳票発行などの業務を最新の文字環境(JIS2004)で行うことができます。加えて、IBMメインフレームが独自に保有していた特殊記号などが外字ではなく標準で使用できるようになります。


《開発の背景》

オープンシステムはもちろん、クラウドで基幹システムを構築する動きがある中、金融サービスや公共サービスなどの高い信頼性を必要とする業務では、メインフレームを使ったシステムが依然として稼働しています。そして、メインフレームと接続する業務用端末は、現在、その多くがWindows 7を搭載したパソコンとなっています。しかしながら、Windows 7のメインストリーム サポートは2015年1月に終了しており(延長サポートは2020年1月まで)、今後の業務用端末にはWindows 10パソコンの導入が進むと思われます。

そのWindows 10(Windows 8/8.1以降)では「JIS2004」のみに対応し、Windows 7以前で使用できた「JIS90」(※3)に対応していません。そのため、「JIS90」で行われていた基幹業務においても、Windows 10の導入を機に「JIS2004」へ移行する動きが始まっています。基幹業務を担う端末エミュレーターでも「JIS2004」に対応する必要が出てきました。

「FALCON 3270 Ver.5」では「JIS2004」に対応することで、今後普及が進むWindows 10パソコンでの基幹業務をしっかりとサポートしていきます。


※1 「JIS X 0213」は、2000年に制定、2004年に改訂された日本語用の文字・記号などを規定した日本工業規格(JIS)。2004年に改訂された「JIS X 0213:2004(通称JIS2004)」には、2000年制定時の内容(「JIS X 0213:2000(通称JIS2000)」)を含む。

※2 実際には「JIS2004」に対応したIBM日本語ホストコード「CCSID1390 / 1399」への対応。

※3 1990年に改訂された「JIS X 0208」の通称。Windows 7では「JIS90」と「JIS2004」の両方を使用可能。

---------------------------------------------------------------

■関連URL

・「FALCON 3270 Ver.5」Webサイト
 リンク

・ニュースリリース/お知らせ
 リンク

・画像データ
 リンク

---------------------------------------------------------------

■販売開始日

・2016年3月23日(水)

---------------------------------------------------------------

■主な動作環境

・OS:日本語Microsoft Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / Windows Server 2012 R2 / 2012 / 2008 R2 / 2008

・接続形態:TN3270接続(Telnet)

動作環境の詳細は弊社Webサイトをご覧ください。
リンク

---------------------------------------------------------------

■株式会社インターコムの会社概要

設立:1982年6月8日
代表取締役会長 CEO:高橋啓介
代表取締役社長:松原由高
資本金:8,400万円
本社所在地:〒110-8654 東京都台東区台東1-3-5 反町ビル
TEL:03-3839-6231(代表)
URL: リンク
事業内容:1982年の創業以来、コンピューター向け通信ソフトウェア専門の研究開発型カンパニーとして、「まいと~く」「FALCON」「Biware」など数々の商品を生み出し、今日ではコンピューター業界を通して“通信のインターコム”との評価をいただくほどになりました。近年は、「通信」「運用管理」「サービスデスク」関連ソフトウェアの企画・開発・販売、およびクラウドやモバイルを活用した企業向けサービスの提供を行っています。

---------------------------------------------------------------

■「FALCON 3270 Ver.5」に関する問い合わせ先

株式会社インターコム
営業本部 COMグループ
TEL:03-3839-6370
お問い合わせフォーム: リンク

---------------------------------------------------------------

■本ニュースリリースに関する問い合わせ先

株式会社インターコム
営業本部 営業推進部 広報宣伝グループ 澤田(さわだ)/山中(やまなか)
TEL:03-3839-6775

---------------------------------------------------------------

※interCOMは、株式会社インターコムの登録商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


以上

このプレスリリースの付帯情報

FALCON 3270 Ver.5 画面イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。