logo

ペンタセキュリティのビジネス向けクラウドWebアプリケーションファイアウォール「WAPPLES Cloud」がクラウド事業者向けとしてリリース

ペンタセキュリティシステムズ 2016年03月21日 10時00分
From ValuePress!

暗号プラットフォームとWebセキュリティ企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社が、クラウド事業者のためのWebアプリケーションファイアウォールである「WAPPLES Cloud(ワッフルクラウド)」をリリースされました。今回披露するWAPPLES Cloudは、既存のWAPPLES V-Seriesを利用することができるスタンダードエディション(Standard Edition)と多様なクラウドおよびエンタープライズ環境に適合する拡張バージョンであるビジネスエディション(Business Edition)で構成されています。

ペンタセキュリティのビジネス向けクラウドWebアプリケーションファイアウォール「WAPPLES Cloud」がクラウド事業者向けとしてリリース

既存のWAPPLES V-Seriesを統合し、クラウド事業者向けとして発売

暗号プラットフォームとWebセキュリティ企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社 (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、リンク、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、クラウド事業者のためのWebアプリケーションファイアウォールである「WAPPLES Cloud(ワッフルクラウド)」を1月27日発売したことを明らかにしました。


韓国では昨年の9月、「クラウドコンピューティングの発展及び利用者保護に関する法律(以下、クラウド発展法)」が制定され、企業や公共機関におけるクラウドサービス使用率が急速に高まることと同時に、クラウドセキュリティに関する関心も急増しています。2011年、業界初となるクラウド専用のWebアプリケーションファイアウォールであるWAPPLES V-Series(ワッフルブイシリーズ)を発売したペンタセキュリティは、韓国最大のクラウドサービスであるKTのuCloud、日本ソフトバンクのWhiteCloudおよびDSRのStarCloudなどとパートナーシップを結び、クラウドWebアプリケーションファイアウォールサービスを提供してきており、昨年は韓国の政府機関で使用するG-クラウドに適用が可能なWeb API(Application Programming Interface)を提供するなど、大規模なクラウドWebアプリケーションファイアウォールサービスを着実に進行してきました。


今回披露するWAPPLES Cloudは、既存のWAPPLES V-Seriesを利用することができるスタンダードエディション(Standard Edition)と多様なクラウドおよびエンタープライズ環境に適合する拡張バージョンであるビジネスエディション(Business Edition)で構成されています。特に、新たに披露するビジネスエディションはPublic Cloudだけでなく、Private Cloudを構成し、対顧客のWebアプリケーションファイアウォールサービスを展開できるサービスモデルやアーキテクチャを提供します。 大量のトラフィック処理および運営のために、負荷分散、Auto Scaling、そして対顧客向けの統合管理システムなども備えており、Webアプリケーションファイアウォールを利用してビジネスを展開しようとする事業者に対し適合なWebセキュリティソリューションを提供するというわけです。


ペンタセキュリティの最高技術責任者であるDS Kimは「クラウドセキュリティに対する要求が高まっている中で、クラウド事業者が安心して対顧客サービスを運用できるようにするためにWAPPLES Cloudをリリースすることになった」とし、「Webハッキング遮断サービスであるクラウドブリック(Cloudbric)とともに、ペンタセキュリティのクラウドセキュリティ戦略がクラウド提供者やWebを利用してビジネスを行う事業者にも提供できるチャンスになり、相乗効果を生み出すと期待される。」と述べました。


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ペンタセキュリティシステムズ
担当者名:陳貞喜
TEL:0353618201
Email:japan@pentasecurity.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。