logo

楽天ブックス、スマホ向け読書管理アプリ「Readee」の提供を開始

- 「楽天ブックス」の購入履歴を自動的に反映 -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は本日、オンライン書店「楽天ブックス」の新サービスとして、スマートフォン(iOS)向けの読書管理アプリ「Readee」(リーディー)の提供を開始しました。



 「Readee」は、読みたい本や購入した本、読書の進捗状況や読後の感想などを記録管理できるアプリです。ユーザーは、スマートフォンのカメラを使って、本の背表紙に記載されているISBN(注1)バーコードを読み取るだけで、本のタイトルや著者名、表紙画像などをアプリに登録することができます。「楽天ブックス」で購入した本は、楽天会員IDでログインすると自動的にアプリに反映されるため、登録の手間を省けます(注2)。登録した本は、好きな名称で「棚」を設定して分類管理できるだけでなく、本のジャンルや著者名、星評価(0.1~5.0で0.1ポイント刻みの50段階)や好きなキーワード(タグ)などをあらかじめ設定しておけば、本を新たに登録すると、条件に当てはまる「棚」に自動的に分類されて収納されます。これにより、登録した本のテーマ別の管理・検索を手軽に行えるようになります。

 「Readee」は、読書好きなユーザーを対象に、購入書籍の管理や読書記録をより簡単かつ柔軟にできる手段を提供したいという思いから開発されました。今後、同アプリのAndroid™版の提供や、読後の感想をアプリ内やSNSで共有できる機能の拡充を予定しています。

 「楽天ブックス」では今後も、「Readee」を通し、ユーザーが様々な本と出会い、新たな発見を得る機会を提供してまいります。


(注1) ISBN(International Standard Book Number)は、世界共通で図書(書籍)を特定するための番号を指します。
(注2) サービス開始時点で「Readee」に登録できるのは、「楽天ブックス」の「本」ジャンル( リンク )ならびに「楽天Kobo電子書籍ストア」( リンク )で取り扱いのある本が対象です。「楽天ブックス」の「本」ジャンルには、小説や漫画などが含まれますが、雑誌などは含まれていません。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■□ 読書管理アプリ「Readee」の概要□■
――――――――――――――――――――――――――――――――――
・サービス名称: 「Readee」(リーディー)
・サービス開始日(iOS版): 2016年3月17日(木)
※Android™版は、2016年夏頃に提供予定です。
・サービス紹介ページURL: リンク
・アプリダウンロードURL(iOS版): リンク


※「Readee」イメージ画像
[画像1: リンク ]


[画像2: リンク ]

※iOSは、Apple Inc.の商標または登録商標です。
※Android™は、Google Inc.の商標または登録商標です。

                                                    以 上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事