logo

IoT導入を阻む課題を解決

小型表示器で業界トップクラスの操作性と視認性を実現

株式会社デジタル(代表取締役:ジャンフランソワ・マッソー)は小型プログラマブル表示器「GP4100シリーズ」にカラーモデルを追加し、2016年3月14日に発売します。従来のモノクロタイプより、さらに高機能、高解像度でパワーアップしたカラーモデルをラインアップに追加し、さらなる市場開拓を目指します。



IoT、グローバル化の時代、あらゆる情報が生産現場にあふれています。これらの情報を収集し、活用していくために、GP4100シリーズは製造現場のIoT導入に貢献します。GP4100シリーズは、大型装置で既に主流である、イーサネットによるネットワーク接続を4.3型という小型で実現します。小型装置での設置スペース確保や、導入コストの問題でIoT導入の足踏みをしていた製造現場でも、小型のGP4100シリーズを導入することで、そういったお悩みも軽減し、情報収集と活用をお手伝いします。さらに、市販のUSB機器にも接続可能なUSB TypeAを標準搭載しているので、バーコードリーダーやUSBメモリーなどの周辺機器とも接続ができ、各機器のデータをネットワークを経由して上位パソコンで収集できます。小型表示器に多い画面容量不足や、画面の見づらさによる操作ミスなどの問題も、従来比2倍の表示エリアと、8倍の解像度を備えたカラーモデルで解消し、業界No.1のドライバーサポート数を誇るPro-faceだからこそ提案できる、様々な機器との接続性で、生産現場のIoT導入に貢献していきます。
[画像1: リンク ]

Pro-face by Schneider Electricは、「for the best interface」のコーポレートスローガンに基づき、様々な生産現場での産業機械に接続できるベストなインターフェイスとなる製品の開発を目指しております。

GP4100シリーズ製品特長


4.3型ワイド、フルカラー65,536色
480 x 272ドットの高解像度で視認性・操作性を大幅UP
イーサネットタイプで簡単IoT導入
業界No.1ドライバーサポート数で様々な機器と接続可能
USB TypeA標準搭載


参考標準価格(税別)


イーサネットタイプ ¥44,000~
シリアルタイプ ¥37,000~


GP4100シリーズ製品ホームページ
リンク

株式会社デジタル 概要
商号:株式会社デジタル
商号(英語名):Digital Electronics Corporation
所在地:大阪市中央区北浜4-4-9シュナイダーエレクトリック大阪ビルディング
設立:1972年7月22日
代表取締役:ジャンフランソワ・マッソー
資本金:39億2915万5000円
事業内容:産業機器の開発、製造、販売
開発拠点:大阪、Wuxi Pro-face Electronics Co.,Ltd.(中国)、Pro-face Europe B.V.(オランダ)
生産拠点:Batam(インドネシア)、Wuxi Pro-face Electronics Co.,Ltd.(中国)
URL:リンク

弊社製品のご紹介
当社は、産業用タッチパネル、制御機器などのHMI製品を開発・製造・販売しております。産業用タッチパネルは、工作機械や装置の操作盤にあるスイッチやランプ、生産数を表示するカウンタや温度を表す温調計の代わりに、表示画面上での状態確認やタッチパネルでの操作ができる表示器になります。当社が1988年10月に業界に発表しました。[画像2: リンク ]

2002年に国際的な産業用電機機器大手メーカー、シュナイダーエレクトリック社と資本提携を行い、HMIのスペシャリストとして培ってきた提案力、課題解決力に加え、シュナイダーエレクトリック社の幅広い製品群とのシナジーを生かし、お客様にトータルでソリューション提案を行っていきます。
[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事