logo

iRig BlueTurn の出荷を開始。iPhone、iPad、Mac、Android対応の、譜めくり用Bluetoothフット・コントローラ。

IK Multimedia 2016年03月11日 11時28分
From RELEASE PRESS



ワイヤレス・フットスイッチで、Bluetooth LE対応機器をコントロール。楽譜、歌詞、セットリストのほか、プレゼンテーションなどで、手を使わずにスマートにページめくりが可能に。

2016年3月11日:モバイル機器で使える音楽アプリと周辺機器の開発で知られるIK Multimediaは、イタリアにてiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Android対応の譜めくり用Bluetooth LEフット・コントローラ、iRig BlueTurnの出荷を開始しました。

■ 譜めくりは、手を使わずに足元で。
IK MultimediaのiKlip Stageなど、iPad、Androidタブレットで楽譜、歌詞カード、セットリストを管理、表示するアプリを使う人が増えていますが、楽器を演奏中に画面をスワイプするのは難しいのが現実でしょう。iRig BlueTurnがあれば、そんな譜めくり、ページめくりを足元で、手を使わずにスマートに行うことができます。

iRig BlueTurnは、iPhone、iPad、iPod touch、Androidスマートフォン、タブレット、MacのBluetooth LEキーボードで採用されているHID(Human Interface Device)プロファイルに準拠しており、ページ・アップ/ダウン、矢印キー上/下または矢印キー左/右をタイプした時と同じメッセージを送信するので、譜めくり、歌詞カードのスクロール以外にも、Keynoteなどプレゼンテーション・アプリのページ送りにお使いいただけます。

■ 暗いステージでも安心の、自照式のフットスイッチ。
ステージで楽器の演奏、プレゼンテーションを行っている時は、じっくりと足元を見つめる余裕は無いでしょう。iRig BlueTurnの2つのフット・スイッチはバックライトで光るので、暗いステージでも一瞥するだけで確認することができます。ステージ上でコントローラが目立ちすぎるのも問題ですが、iRig BlueTurnのバックライトは必要十分な光量で、上品な青い色で灯るように調整されています。

■ 頑丈でコンパクトな筐体。
iRig BlueTurnの筐体は、ステージでの使用や持ち運びに耐えられるように頑丈な作りながら、12.6 x 9.3cmとコンパクトなので、気軽に持ち運び可能です。省電力仕様のBluetooth LE(Low Energey)を採用しているので、単4電池2本での長時間の動作が可能です。単4電池は世界中どこでも入手可能で、市場には多くの充電式単4電池があるので、大事なパフォーマンスの前にフル充電された電池を用意すれば安心でしょう。

■ ステージにタブレットを設置するホルダーも用意。
優れた楽譜、タブ譜、セットリスト、歌詞表示アプリや、コントローラーがあっても、iPadをステージに設置できないと演奏に集中することはできません。IK Multimediaでは、マイクスタンドにiPad、タブレットを設置可能なiKlip Xpandなど、豊富なiPad用ホルダーを用意しています。iKlipシリーズに同梱されたシリアル・ナンバーをiKlip Stageアプリ内で登録すると、無償で利用できるファイル、セットリスト数が倍になる特典もついています。iKlip Xpandは単体もしくは、iRig BlueTurnとセットになったTablet Page Turning Bundleとしてご購入いただけます。

■ 価格と入手方法
iRig BlueTurnおよびTablet Page Turning Bundleは、家電店、携帯アクセサリー・ショップ、楽器店、オンランストアなど、全国のIK Multimedia正規販売代理店にて販売される予定です。

iRig BlueTurn
価格:オープンプライス(税別市場予想価格9,000円前後)
国内発売日:2016年3月末予定

Tablet Page Turning Bundle
価格:オープンプライス(税別市場予想価格13,500円前後)
国内発売日:2016年4月末予定

iKlip Stage for iPadは、App Storeにて配信されています。
iKlip Stage for Androidは、Google Playにて配信されています。

■ 製品情報
iRig BlueTurn
リンク
iKlip Stage
リンク
iKlip Xpand
リンク

■ ビデオ
リンク

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事