logo

テュフ ラインランド ジャパン、エコーネットコンソーシアム認定の「認証試験サービス」と「認証サービス」を4月1日から開始

テュフ ラインランド ジャパン株式会社 2016年03月08日 09時50分
From PR TIMES



[画像: リンク ]



テュフ ラインランド ジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:ホルガー・クンツ)は、本日、一般社団法人エコーネットコンソーシアムより「ECHONET Lite/AIF認証試験機関*1」および「ECHONET Lite/AIF認証機関*2」に2016年2月29日付で認定され、2016年4月1日より「認証試験サービス」と「認証サービス」を開始することを発表しました。

*1 ECHONET Lite/AIF認証試験機関とは、認証試験仕様に基づき、試験を実施する機関
*2 ECHONET Lite/AIF認証機関とは、試験結果に基づき、認証合否を判定する機関

ECHONET Lite通信プロトコルは、スマートメーターとHEMSコントローラー、およびHEMSコントローラーとHAN(家庭内ネットーワーク)の通信規格として採用が進んでおり、2016年4月1日より新しい認証制度「AIF認証(アプリケーション通信インタフェース認証)」が開始されます。AIF認証とは、相互接続性の向上を図るため、アプリケーション通信インタフェース仕様に沿って行う第三者認証機関による認証・試験のことです。

日本では、スマートメーターとHEMSコントローラーとの間の通信、HEMSコントローラーと家電との間の通信にECHONETプロトコルを用いる場合、対象機器(スマートメーター、HEMS機器、重点8機器*3、他)は、機器間の適合性と相互運用性の確保のため、エコーネットコンソーシアムが指定する認証試験を実施し、合格することが必要となります。

*3 重点8機器:スマートメーターBルート、太陽光発電、蓄電池、燃料電池、 EV/PHV、エアコン、照明機器、給湯器の8機器のこと。

このほか、テュフ ラインランド ジャパンは、ECHONETLite/AIF通信プロトコルの下位レイヤに採用されている通信インタフェース、Wi-SUNおよびG3-PLCの認定試験機関でもあり、今後下位レイヤを含めた総合的な相互接続試験サービスを提供することが可能になります。

テュフ ラインランド ジャパンは、今後急速に拡大することが期待されるIoT/M2Mの市場に対し、公正中立な第三者認証機関として、効率的で安定した通信環境の実現に貢献してまいります。

【テュフ ラインランド グループについて】
テュフ ラインランドは、140年の歴史を持つ世界でもトップクラスの第三者検査機関です。69ヵ国に拠点があり、従業員数は19,300人、年間売上高は17億ユーロにのぼります。第三者検査のエキスパートとして、人々の暮らしのあらゆる面で、品質、安全、環境、テクノロジーを支えています。産業用装置や製品、サービスの検査だけではなく、プロジェクト管理や企業のプロセス構築もサポートしています。また幅広い業種、職種について、専門的なトレーニングも実施しています。こうしたサービスは、テュフ ラインランドの認定ラボや試験設備、教育センターのグローバルネットワークによって支えられています。テュフ ラインランドは、2006年より国連グローバル・コンパクトのメンバーとして活動しています。ウェブサイト: www.jpn.tuv.com

【お客様からのお問い合わせ】
テュフ ラインランド ジャパン株式会社
テクノロジーセンター TEL:045-914-3888

武部 泰行(製品部 電気製品課) E-mail: yasuyuki.takebe@tuv.com
齋藤 修治(通信機器ラボラトリー) E-mail : shuji.saito@tuv.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事