logo

『2016 J-Winダイバーシティ・アワード』株式会社リクルートホールディングスが「企業賞 準大賞」および「個人賞 経営者アワード」を受賞


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)は、平成28年3月4日(金)、特定非営利活動法人ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク(略称:NPO法人J-Win)が主催する『2016 J-Winダイバーシティ・アワード』において、「企業賞 準大賞」を受賞しました。また代表取締役社長 兼 CEOの峰岸真澄が「個人賞 経営者アワード」を受賞しました。

『J-Winダイバーシティアワード』とは、企業におけるダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I推進)を加速することを目的として、D&I推進に取り組む先進企業を表彰するものです。

リクルートグループでは経営理念の実現のため、ダイバーシティ推進を企業競争力を高める経営戦略のひとつと位置づけ、2006年から継続的に取組んでいます。2015年度は、女性の意識改革・マネジメント・働き方変革の3つをテーマに、トップコミットメントのもと、グループ全体でD&Iを推進する体制を強化してきました。特に、女性部下を持つ管理職向け研修を初めて実施するなどマネジメント層への取組みと、一部企業における全従業員を対象としたリモートワークの導入といった働き方変革への取組みが、D&Iをさらに進展させるとして評価されました。なお、企業賞の受賞は、2013年の「準大賞」、2008年および2014年の「大賞」に続き今回が4度目になります。

また、今回初めての受賞となった「個人賞 経営者アワード」は、
●トップ自らがダイバーシティは企業フィロソフィーそのものであるとして企業経営に盛り込み、リクルートグループ各社の自律的な推進を牽引している点
●女性経営者候補育成プログラムを自ら指導するとともに、女性が活躍する社会の実現のために働き方の変革に本格的に取組み始めている点
が、変化する時代を先取りした挑戦を、強いリーダーシップのもと行っているとして評価されたものです。

リクルートグループは、今後も女性活躍にとどまらないD&Iを進めるとともに、経営理念の実現に向けて、社会からの期待に応えることができる企業グループを目指して参ります。

――――――――――――――――――――
J-Winダイバーシティ・アワードについて
――――――――――――――――――――
「J-Winダイバーシティアワード」とは、企業におけるダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I推進)を加速することを目的として、D&I推進に取り組む先進企業を表彰するもので、今回が9回目の開催となります。
企業賞と個人賞部門に分かれ、「個人賞経営者アワード」は、D&Iを経営戦略として位置づけ、全社に展開し、それをビジネスの基盤とすることで組織を改革し、継続した取組みによりD&Iの実現に貢献した経営者に贈られます。


――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事