logo

値引き重視の男性vsサービス重視の女性。男女で違う中古車販売店選びのポイントとは? 『カーセンサー中古車購入実態調査2015』より

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2016年03月03日 13時30分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営する調査・研究組織の自動車総研より、『カーセンサー中古車購入実態調査2015』に関する分析をお伝えします。

▼『男女で違う中古車販売店選びのポイントとは?』はこちら
リンク

▼『カーセンサー中古車購入実態調査2015』はこちら
リンク

▼その他の『自動車総研リサーチニュース』はこちら
リンク

『カーセンサー中古車購入実態調査2015』において、18歳~69歳の男女に「クルマの購入経験」や「クルマに求めるもの」や「購入利用」などについて調査しました。

―――――――――――――――――――――――――――――
◆メンテ&アフターサービス重視の女性
 男性は専業店で、女性はディーラーで購入する傾向あり
―――――――――――――――――――――――――――――
中古車を買う際のお店選び。これもクルマ選び以上に悩むポイントですよね。
今回は、みなさんがどのように販売店を選んでいるのか見てみましょう。

【中古車を購入する販売店を選ぶ際の重視点(中古車購入者および購入検討者/複数回答)】
・クルマの走行距離や修復歴の情報が明確である 全体45.8%(男性41.8%|女性51.7%)
・クルマの品ぞろえが良い           全体42.8%(男性40.8%|女性46.0%)
・クルマの手入れが行き届いている       全体38.3%(男性35.4%|女性42.7%)
・アフターサービスが充実している       全体33.9%(男性27.9%|女性43.0%)
・値引き額が大きい              全体31.8%(男性28.9%|女性36.1%)

お店選びで重視する点のベスト5をピックアップしました。いずれも男性より女性のほうがポイントが高いですが、男性はクルマそのものを重視するのに対し、女性はさらにクルマのメンテ状況やアフターサービスも重視していることがわかります。

では実際、どんなタイプのお店で購入しているのでしょうか?

【直近で購入した中古車の購入先(1年以内に中古車を購入した人/単一回答)】
・メーカー系中古車販売店  全体34.0%(男性30.0%|女性39.9%)
・中古車専業店       全体32.0%(男性33.3%|女性30.1%)
・自動車修理工場      全体11.7%(男性12.1%|女性11.0%)
・友人知人から       全体 7.7%(男性 7.4%|女性 8.2%)
・メーカー系新車販売店   全体 7.1%(男性 8.2%|女性 5.5%)

全体では僅差でメーカー系の中古車販売店(ディーラー)が最多ですが、男性だけを見ると専業店がトップになります。一般的に専業店のほうが割安な中古車を揃えていることが多く、逆にディーラーのほうがアフターサービスが充実していることが多いことから、先のデータと合わせてみるとクルマ重視の男性とアフターサービス重視の女性という傾向がここでも明らかになりました。

―――――――――――――――――――――――――――――
◆クルマ選びは「店選び」から「人選び」へ!?
―――――――――――――――――――――――――――――
次に、「購入する店を決定した段階で調べたこと」を見てみましょう。

【購入する店舗やクルマを決定した段階で調べたこと/販売店・販売員に関すること(1年以内に中古車を購入した人/複数回答)】
・納車の時期                         全体37.0%(男性30.6%|女性46.5%)
・販売員の礼儀正しさ・親しみやすさ              全体27.2%(男性22.8%|女性33.6%)
・検討している中古車に関する販売員の知識           全体26.4%(男性22.8%|女性31.7%)
・販売員が自分や家族の生活にあったクルマを提案してくれること 全体24.3%(男性19.4%|女性31.5%)
・販売店で実施しているキャンペーンやフェア特典の情報     全体23.9%(男性19.9%|女性29.7%)
・販売されている中古車に保証が付いていること         全体23.8%(男性20.2%|女性29.0%)
・販売店についてのユーザー評価(クチコミ、レビューなど)   全体21.7%(男性19.5%|女性25.1%)
・販売店の所在地、立地                    全体21.6%(男性19.9%|女性24.2%)
・販売店の規模                        全体21.3%(男性18.8%|女性25.0%)
・販売店のブランド・歴史                   全体20.8%(男性18.3%|女性24.5%)
・販売店の外観、入りやすさ、雰囲気              全体20.1%(男性17.5%|女性24.0%)

購入の最終局面では、購入したクルマの納車の時期を意識するのは当然のことですが、次に販売員の礼儀正しさや親しみやすさ、さらには知識、提案力をチェックしていることがわかります。すべての項目で女性のほうがポイントが高く、男性以上に販売店や販売員について重視している様子がうかがえます。

実際に購入後の満足度を確認したところ、以下の項目で満足度が高い結果が出ました。

【中古車購入時の項目別満足度/販売店・販売員に関すること(1年以内に中古車を購入した人/それぞれ単一回答)】※5段階評価(満足+やや満足の合計値)
・販売員の礼儀正しさ・親しみやすさ              全体58.4%(男56.0性%|女性61.9%)
・納車の時期                         全体56.5%(男性51.9%|女性63.3%)
・検討している中古車に関する販売員の知識           全体54.7%(男性52.4%|女性58.2%)
・販売店の外観、入りやすさ、雰囲気              全体51.2%(男性48.0%|女性56.0%)
・販売員が自分や家族の生活にあったクルマを提案してくれること 全体50.1%(男性47.1%|女性54.5%)

販売員の礼儀正しさや親しみやすさで全体の58.4%が満足感を感じており、結局のところ、クルマを買うにあたっては販売員の接客や人柄が重要なようです。また、ここでも女性のほうが全ての項目でポイントが高く出ており、女性のほうが、より販売店や販売員を重視してクルマ選びをしているようですね。中古車においては、よく「クルマ選びは店選び」と言いますが、突き詰めれば「クルマ選びは人選び」と言えるのかも知れません。


▼『男女で違う中古車販売店選びのポイントとは?』はこちら
リンク

▼『カーセンサー中古車購入実態調査2015』はこちら
リンク

▼その他の『自動車総研リサーチニュース』はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
◆本調査の実査を担当する『リクルート自動車総研』とは
――――――――――――――――――――
リクルート自動車総研では、人や社会とクルマとのより良い関係を創造すべく、「クルマのある生
活」で生まれる様々な現象や関係性を調査・研究し提言を行います。
出版・印刷物等へデータを転載する際には、“『カーセンサー中古車購入実態調査2015』調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。

▼『リクルート自動車総研』について
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本リリースに関するお問い合わせ】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。