logo

株式会社ロックオン、『アドエビス リサーチ』の導入事例を公開。~ 株式会社ECC様、数字からは見えない「お客様が本当に求めていること」への気付き ~



株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田進、以下、ロックオン)は、「アドエビス」のサービスである『アドエビス リサーチ』の導入実績として、英会話教室大手、株式会社ECC様(以下、ECC様)の導入・活用事例を2016年3月2日に公開いたします。

「アドエビス リサーチ」はアドエビスが持つ計測データをインターネットリサーチサービスへ活用することにより実現した、アドエビス独自のリサーチサービスです。今回、「アドエビス リサーチ」(※)により、ECC様のWebサイトに実際訪れたことのある「お客様の生の声」を確認できた結果、今まで想定していたことへの答え合わせができただけでなく、想定外の気付きもあるなど、今後のサイト改善ですぐに使えるヒントを多数得られたことで、大変ご好評をいただきました。今後もアドエビスが独自で持つ計測データを様々な分野で活用することにより、各企業のマーケティング活動を支援して参ります。

[画像1: リンク ]

ECC様導入事例はこちら:リンク

※本事例は「アドエビス リサーチ」GMOリサーチプランを導入した事例です。

■「アドエビス リサーチ」導入の背景
英会話教室を運営するECC様の子供向け英会話「ECCジュニア」では、生徒募集サイトと講師募集サイトの2サイトを運営されており、それぞれ定期的にサイトリニューアルを実施されています。今回、サイトに訪れた実際のお客様が、現状のサイトをどう思われているか、離脱理由がどうだったのか等を調査し、今後のサイト改善に対しダイレクトに効果がある情報を得るため「アドエビス リサーチ」を導入されました。
[画像2: リンク ]

参考画像:ECCジュニア 生徒募集サイト

■MarkeZine Day 2016 Springにも登壇
また、2016年3月3日(木)に開催される「MarkeZine Day 2016 Spring」に、当社マーケティングプラットフォーム営業運営本部 コンサルティングサービス部 課長でありコンサルタントでもある足立が、「時代は“施策・媒体評価”から“オーディエンス評価”へ。『獲得施策依存のマーケティングから抜け出す方法』とその事例を初公開」と題して、セミナーに登壇いたします。
本講演では、「カスタマージャーニー分析機能」や「アドエビス リサーチ」といったオーディエンス軸でのマ ーケティング分析の考え方や成功事例をご紹介致します。

「MarkeZine Day 2016 Spring」特設ページ
リンク

■「アドエビス」について
「アドエビス」は、広告効果測定システムを中心とした「測定」機能と、そこで蓄積されたマーケティングデータを「活用」する機能の2つの機能により、企業と消費者のコミュニケーションを最適化することを目的とした、ロックオンが開発・提供するマーケティングプラットフォームです。

■関連サイトURL
マーケティングプラットフォーム「アドエビス」:リンク

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座6F
九州支社:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-15-5 天神明治通ビル
代表者:岩田 進(いわたすすむ)
設立:2001年6月4日
URL:リンク
事業内容:マーケティング ロボットの提供
・ マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」「Solution」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。