logo

HortonworksとHewlett Packard EnterpriseがApache Sparkを加速

Hortonworks, Inc. 2016年03月02日 11時13分
From 共同通信PRワイヤー

HortonworksとHewlett Packard EnterpriseがApache Sparkを加速

AsiaNet 63614 (0265)

【サンフランシスコ2016年3月1日PR Newswire=共同通信JBN】Hortonworks, Inc.(R)(リンク )(NASDAQ: HDP)とHewlett Packard Enterprise(リンク )(NYSE: HPE)の中央研究組織Hewlett Packard Labsは1日、最も活発なApacheビッグデータ・プロジェクトの1つApache Sparkを向上させる新しいコラボレーションを発表した。このコラボレーションは、大量の共有メモリー・プールから恩恵を受ける全く新しい種類の分析ワークロードに注力する。

Logo - リンク

Logo - リンク

コラボレーションの初期結果は以下を含んでいる。
*強化されたシャッフル・エンジン技術:Sparkのパフォーマンスを大幅に向上させる可能性を秘めた、より迅速なソーティングとインメモリー・コンピュテーション
*より優れたメモリー活用:大規模スケールの新たな使用事例の実現に寄与する向上したパフォーマンスと、より大きなスケーラビリティーの活用

Hortonworksのスコット・グナウ最高技術責任者(CTO)は「このコラボレーションによって、双方は拡大するSparkコミュニティーとそのソリューションに対し、相互サポートおよびコミットメントを実行する。われわれは今後もApache YARNがサポートする広範なデータ・アーキテクチャーにSparkを統合するほか、パフォーマンスと機能性の向上およびApache Zeppelinのようなアプリケーション向けのより優れたアクセスポイントに重点を置くことを継続する」と語った。

Hortonworks取締役メンバーであり、Hewlett Packard Enterprise執行副社長兼最高技術責任者(CTO)であるマーティン・フィンク氏は「われわれはSparkコミュニティーがコードを一切変更することなく、より大きなデータセットからより迅速にインサイトを抽出できることを目指している。われわれはHortonworksと協力してSparkが処理できる課題の範囲を拡大できることをうれしく思う」と語った。

HortonworksとHewlett Packard EnterpriseはApache Sparkコミュニティーに新たな技術貢献をする計画である。

▽Hortonworksについて
Hortonworksは、あらゆるデータ、すなわち移動中データと保存データから実用的なインテリジェンスを生み出すエンタープライズ対応オープンデータ・プラットフォームおよび最新データアプリケーションの開発、配布、サポートにおいて、業界をリードするイノベーターである。HortonworksはApache Hadoop、NiFi、Sparkなどのオープンソース・コミュニティーにおけるイノベーションを推進することに注力している。Hortonworksは1600以上のパートナーと協力して、顧客があらゆるビジネス分野で組織の変革価値を最大限引き出すことを支援する専門技術、トレーニング、サービスを提供する。

Hortonworks、HDP、HDFは、米国およびその他の国でHortonworks, Inc.とその子会社の登録商標ないしは商標である。詳細はウェブサイトwww.hortonworks.com を参照。その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産である。

▽Hewlett Packard Enterpriseについて
Hewlett Packard Enterpriseは顧客が事業を拡大し、より早く成長することを支援する、業界をリードするテクノロジー企業である。業界で最も総合的なポートフォリオを擁し、クラウドをデータセンターや業務アプリケーションに拡大する当社のテクノロジーとサービスは、世界中の顧客がITをより効率的、より生産的、よりセキュアにすることを支援する。

▽問い合わせ先
Hortonworks:
Michelle Lazzar
+1 (408) 828-9681
comms@hortonworks.com

HPE:
Simon Bowers
+1 (650) 857-3518
corpmediarelations@hpe.com

ソース:Hortonworks, Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。