logo

ファルコンストアのOBD、レノボ太鼓判「重複排除型仮想テープライブラリ」ソリューションに採用

レノボ・ジャパンの販売チャネルを通して、Lenovo System xを重複排除機能付きバックアップストレージとして提供開始

ファルコンストア・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森本 雅之、以下、ファルコンストア)は本日、レノボ製品上で稼働確認されたソリューションを提供するレノボ太鼓判シリーズの「重複排除型仮想テープライブラリ」ソリューションの重要なコンポーネントとして、バックアップとリストアを最適化するファルコンストアの仮想アプライアンス、FalconStor OBD(Optimized Backup & Deduplication)が採用されたことを発表しました。

レノボ太鼓判「重複排除型仮想テープライブラリ」は、VTL(仮想テープライブラリ)とNAS(ネットワークストレージ)のどちらとしても利用可能な重複排除機能付きバックアップストレージソリューションです。このソリューションは、Lenovo System xシリーズラックサーバ、VMware vSphere EssentialsおよびFalconStor OBDで構成されたソリューションパッケージで、「Lenovo System x VTL Powered by FalconStor(R)」の名称で提供されます。ブロックレベルの重複排除機能を備えたFalconStor OBDを搭載することで、Lenovo System xを高度な重複排除機能付きのバックアップストレージとして利用可能になります。現在、テープバックアップとディスクバックアップのどちらをお使いの場合でも、既存のバックアップ環境を大きく変えることなく、ディスクバックアップによる高速化と重複排除によるバックアップストレージの容量削減を実現します。

複雑な設定が不要ですぐに本番稼働可能なFalconStor OBDは、VMwareインフラストラクチャに最適な業界最先端のNASおよびVTLテクノロジー、そして包括的なデータ重複排除機能を備えています。既存環境を変更することなく、単一のソリューションでディスクおよび仮想テープをベースとするバックアップの最適化、ファイルおよびブロックに対応するグローバルな重複排除、WANに最適化されたレプリケーション、およびテープフォーマット認識機能をすべて提供します。サーバ内蔵ディスクもしくは外付けディスクストレージをあたかもテープ装置のように扱うことができ、ドライブ数やテープメディアの本数も仮想的に任意指定可能です。これにより、面倒なテープの交換や管理から解放される他、複数ジョブの同時書き込みにも対応する為、従来のテープ装置と比べて飛躍的なパフォーマンスの向上が見込めます。その上、重複排除機能を備えているので、保存されるデータは重複排除後のオリジナルデータのみとなり、バックアップストレージの大幅な容量削減にも貢献します。

Lenovo System x VTL Powered by FalconStorは、レノボ・ジャパンの販売代理店のダイワボウ情報システム株式会社、およびファルコンストア代理店の株式会社ティ・アイ・ディによる綿密な稼働検証が実施されている信頼性の高いソリューションで、ダイワボウ情報システムが主体となってパッケージ化が実現しています。Lenovo System x VTL Powered by FalconStorは、ダイワボウ情報システムを中心とするレノボ・ジャパンの販売チャネルを通じて提供されます。ファルコンストアは、本ソリューションに対する技術サポートを提供するとともに、販売プロモーション活動を展開していく計画です。


Lenovo System x VTL Powered by FalconStorパッケージ構成
●FalconStor OBD VA 1TBパッケージ
 *FalconStor OBD Virtual Appliance × 1
 *VMware vSphere Essentials × 1
 *Lenovo System x3250 M5

●FalconStor OBD VA 4TBパッケージ
 *FalconStor OBD Virtual Appliance × 1
 *FalconStor OBD VA Storage Capacity - 1TB × 3
 *VMware vSphere Essentials × 1
 *Lenovo System x3250 M5

●FalconStor OBD VA 10TBパッケージ
 *FalconStor OBD Virtual Appliance × 1
 *FalconStor OBD VA Storage Capacity - 1TB × 9
 *VMware vSphere Essentials × 1
 *Lenovo System x3650 M5


レノボ太鼓判「重複排除型仮想テープライブラリ」ソリューションに関する詳細情報は下記URLを参照下さい。
リンク

また、ファルコンストアOBD(Optimized Backup & Deduplication)に関する詳細情報は下記URLからご覧いただけます。
リンク



今回の「Lenovo System x VTL Powered by FalconStor」提供開始に際して、レノボ・ジャパン様および、 ダイワボウ情報システム様より次のようなコメントを頂戴しています。

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社
執行役員 エンタープライズグループ ゼネラルマネージャ 上原 宏様

レノボ・ジャパン株式会社は、共同ソリューションとなる「重複排除型仮想テープライブラリ」の提供開始を歓迎します。 高い信頼性と優れた拡張性を持つLenovo System x サーバと、Falconstor OBDソフトウェアを組み合わせた「重複排除付きテープライブラリ」ソリューションを導入することにより、近年における急激なデータ量の増加とバックアップ時間の拡大によるユーザが抱える運用上の課題を解決できるものと確信しています。 
今後、レノボ・ジャパンはレノボ太鼓判ソリューションとして弊社販売チャネルを通しての提案活動を推進し、お客様が求めるバックアップ環境の近代化をサポートします。


ダイワボウ情報システム株式会社
取締役 販売推進本部 本部長 松本 裕之様

ダイワボウ情報システム株式会社(略称:DIS)は、レノボ太鼓判「重複排除型仮想テープライブラリ」の発表を歓迎します。事前検証済みの「重複排除型仮想テープライブラリ」構成を導入することにより、お客様の導入リスクとコストが軽減され、利用効率の高いバックアップ環境を構築することができると確信しています。今後、DISは地域密着型のビジネススタイルの優位性を生かし、「重複排除型仮想テープライブラリ」ソリューションを全国で提供することにより、日々変化していくバックアップ環境に対するお客様のニーズや課題を解決し、運用の効率化を推進してまいります。



■レノボ太鼓判 重複排除型仮想テープライブラリソリューション
「Lenovo System x VTL Powered by FalconStor」の購入、ご相談窓口:

レノボ・ジャパン株式会社
法人総合窓口
TEL:0120-68-6200(受付時間:月曜日~金曜日9:00~17:30)
/ E-mail:hojin_jp@lenovo.com


■ファルコンストアについて
FalconStor Software, Inc.(NASDAQ: FALC)は、ハードウェアに依存しない統合型データサービスソフトウェアプラットフォームを提供するソフトウェア定義型ストレージ(SDS: Software-defined Storage)のリーディングカンパニーです。ファルコンストアのオープンな統合ソフトウェアソリューションによって、ベンダーロックインに陥る可能性が低減され、お客様のビジネスに理想的なアプリケーションやハードウェアコンポーネントを柔軟に選択することが可能になります。私共は既存の投資を保護しつつ、適切な場所で適切な性能とともにデータセンターを最新化するために全ての企業を支援いたします。ファルコンストアのソリューションは、データの可用性とシステムのアップタイムを最大限に向上することで、中断することのないビジネスの生産性を確保すると同時に、データ管理を容易にすることで運用コストを削減します。多くの賞を受賞しているファルコンストアのソリューションは、世界中のOEMベンダー、主要システム・インテグレーターおよび販売代理店を通じて提供されています。米国ニューヨーク州メルヴィルに本社を構えるファルコンストアは、北南米、ヨーロッパ・中東・アフリカおよびアジア太平洋地域でワールドワイドの事業を展開しています。ファルコンストアに関する詳しい詳細は、リンク または リンク をご覧ください。

Twitter(リンク)、YouTube(リンク)、LinkedIn(リンク)の各ソーシャルメディアで、ファルコンストアの最新情報をご確認ください。

ファルコンストア・ジャパン公式Facebookでは、FreeStorおよびFalconStorに関する情報を随時ご案内しております。
リンク

■本プレスリリースに関する報道関係者様お問い合わせ先:
ファルコンストア・ジャパン株式会社
マーケティング担当 近藤(こんどう)
TEL : 050-3816-5444 / E-mail : pr@falconstor.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。