logo

中央大学杉並高等学校・中央大学附属高等学校が3月12日に「2015年度卒業論文発表会」を合同で開催 -- 特色ある教育活動を校外に向けて広く発信

大学プレスセンター 2016年02月27日 08時05分
From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。

中央大学杉並高等学校(東京都杉並区)は3月12日(土)に「2015年度卒業論文発表会」を開催。今回は中央大学附属高等学校(東京都小金井市)からも代表生徒を招いての合同開催となる。両校の卒業論文指導について紹介しつつ、生徒代表者によるプレゼンテーション&ディスカッションも予定している。参加費無料、要事前申し込み。


 中央大学杉並高等学校では、2004年度から高校3年生向け卒業論文指導を開始している。2008年度からは在校生向け卒業論文発表会を開催。2014年度以降は、校内在校生向けの発表会を2月末に実施し、校外・一般向けの発表会を3月中旬に実施する形になった。

 また、中央大学附属高等学校でも、2000年度から卒業論文指導を行っている。中央大学附属高等学校と中央大学杉並高等学校は両校とも、3年間に課題図書を100冊課すなど、「卒業論文」以外にも共通かつ特色ある教育活動をそれぞれ行っており、本発表会では、双方の生徒の代表者の成果報告を通じて、中等教育課程が実践している内容を広く発信したいと考えている。

◆「2015年度卒業論文発表会」概要
【日 時】 3月12日(土) 14:00~16:30(受付 13:00~14:00)
【場 所】 中央大学杉並高等学校 視聴覚室(東京都杉並区今川2-7-1)
【参加費】 無料
【手続き】
 E-mail: you500sr@tamacc.chuo-u.ac.jp (齋藤)へお申し込みください。
※学校関係者の方は、お名前・所属学校・教科をお知らせください。
※一般の方(在校生・新入生・保護者含む)はお名前・学年をお知らせください。
【プログラム】
●14:00~14:05 開会 飯塚容(中央大学杉並高等学校・校長)
●14:05~14:15 卒業論文への取り組み紹介(1) 大高知児(中央大学附属高等学校・国語科)
●14:15~14:55 高校3年生による卒業論文発表(1) 中央大学附属高等学校代表者2名
・「日本人と「異質」なものとの関わり~「方言」の現代日本社会での扱われ方から見えること~」
・「商店街はどうしたら活性化するか~行政・商工会・事業主の役割~」
●14:55~15:05 休憩
●15:05~15:15 卒業論文への取り組み紹介(2) 駒ヶ嶺泰暁(中央大学杉並高等学校・国語科)
●15:15~15:55 高校3年生による卒業論文発表(2) 中央大学杉並高等学校代表者2名
・「近代における理想の「子ども」像~巌谷小波の「一寸法師」の再話と「子ども観」の形成~」
・「化粧品における動物実験減少の解決策の考察~CSRによる分析~」
●15:55~16:25 卒業論文発表者とのトーク・セッション 大舘瑞城(中央大学杉並高等学校・国語科)
●16:25~16:30 閉会 山岸竜生(中央大学杉並高等学校・副校長)

■中央大学杉並高等学校
 リンク

■中央大学附属高等学校
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 中央大学杉並高等学校
 TEL: 03-3390-3175

▼取材に関する問い合わせ先
 中央大学広報室
 TEL: 042-674-2050
Email: kk@tamajs.chuo-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事