logo

ISID、「金融イノベーションビジネスカンファレンスFIBC2016」の受賞サービスを発表

JCN 2016年02月26日 13時00分
From JCN Newswire


TOKYO, Feb 26, 2016 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、2月25日に都内で開催した「金融イノベーションビジネスカンファレンス FIBC2016(以下FIBC2016)」において、ピッチコンテストに登場した21の先進金融サービスの中から、FIBC大賞など各賞の受賞サービスを決定しました。FIBC大賞は、AlpacaDB, Inc.の『Capitalico』が受賞しました。

FIBCは、ピッチコンテストやネットワーキングなどを通じて、FinTechスタートアップ企業・金融機関・ベンチャーキャピタルが直接交流することができる、FinTech領域に特化したイベントです。メインプログラムのピッチコンテスト「FinPitch」には、例年未発表サービスも含めた先進金融サービスが多数登場し、日本におけるFinTechの最新トレンドが出揃う場となっています。

5回目となる今回は、海外FinTechスタートアップ企業からも出場者を募り、過去最多となる21社(うち海外6社)が英語でのプレゼンテーションを行いました。今年の特徴としては、ブロックチェーンや人工知能などのテクノロジーを応用したサービスが登場し、また、個人間での送金・決済を可能にするプラットフォーム、個人の携帯番号を使った簡単な後払いの決済など、斬新かつ革新的なサービスが多く見られました。

FIBC大賞は、「金融市場へのインパクト」「経営陣の資質」「ビジネスモデルの革新性」「ビジネスの成長性」「グローバルサービスとなる可能性」の5つの観点で、審査員の採点により最も評点の高いサービスに贈られます。このほか、来場者投票で最多得票を獲得したサービスに「オーディエンス賞」、プラチナスポンサーのソニー銀行株式会社より「ソニー銀行イノベーション賞」などの各賞が贈られます。

受賞サービスの概要は以下のとおりです。

■FIBC2016受賞サービス概要■

<FIBC大賞>
『Capitalico』(AlpacaDB, Inc.)
リンク

<サービス概要>
Capitalicoは、最先端の人工知能技術であるディープラーニングを活用することで、高度なプログラミング技術を用いることなく投資アルゴリズムを開発できるモバイルアプリケーションです。ユーザーはスマートフォン上で数回タップするだけでオリジナルの投資アルゴリズムを作り、それに基づく取引シグナルを受けたり、自動売買を行うことができます。

<審査員コメント>
「ディープラーニングをシステムトレーディングに取り入れたキラーテクノロジーであり、審査員の多くが高く評価しました。今後のサービス展開に際しては、ライセンス等の観点で課題もあると思いますが、そうした困難を克服して素晴らしいサービスを提供されることを期待します。」

<オーディエンス賞>
『Shift Payments』(Shift Financial, Inc.) リンク
世界中のVISA加盟店でビットコインが使えるカード

<ソニー銀行イノベーション賞>
『PlugAir』(Beatrobo Inc.) リンク
さすだけユーザー認証のハードウエアデバイス

<三菱地所Fino Lab賞>
『Shift Payments』(Shift Financial, Inc.) リンク
世界中のVISA加盟店でビットコインが使えるカード

<審査員特別賞>
『ConsenSys』(Consensus Systems) リンク
事業開発とプロフェッショナルコンサルティングサービス
『EVERSAFE』(Everspin Co., Ltd.) リンク
世界唯一のダイナミックセキュリティソリューション

<ISID特別賞>
『アイムイン』(SMILABLE株式会社) リンク
SNSを活用したお金集めの新スタイル

■登壇企業一覧(五十音順)■

AlpacaDB, Inc.、Agro-Negocio para o Desenvolviment de Mozambique, Lda.、株式会社エクスチェンジコーポレーション、株式会社MFS、Everspin Co., Ltd.、カレンシーポート株式会社、Skwile Ltd.、株式会社Kyash、KTB Solution Co.,Ltd.、Consensus Systems、財産ネット株式会社、Shift Financial, Inc.、ドレミングアジア株式会社、クラウドキャスト株式会社、SMILABLE 株式会社、テックビューロ株式会社、Beatrobo Inc.、株式会社Finatext、WhatzMoney株式会社、マネーツリー株式会社、ロードスターキャピタル株式会社

<ご参考資料>

金融イノベーションビジネスカンファレンス FIBC (Financial Innovation Business Conference)について

金融イノベーションビジネスカンファレンス(FIBC)は、ISIDが2012年から主催するFinTech領域に特化したイベントです。メインプログラムのピッチコンテスト「FinPitch」には、例年未発表サービスも含めた先進金融サービスが多数登場し、日本におけるFinTechの最新トレンドが出揃う場となっています。ピッチコンテスト終了後にはネットワーキングが行われ、金融ベンチャー企業・金融機関・ベンチャーキャピタル・メディア・一般参加者などが、カジュアルな雰囲気の中で直接交流することができます。

ISIDは、FIBCの開催を通じて、日本の金融イノベーションのエコシステム形成に貢献しています。

FIBC公式サイト リンク
FIBC公式Facebookページ
リンク

関連プレスリリース

◇FIBC開催・授賞関連
- ISID、「金融イノベーションビジネスカンファレンスFIBC2016」の開催を決定~FinTech ピッチコンテスト出場者を海外からも公募~(2015年12月2日)
リンク
- ISID、「金融イノベーションビジネスカンファレンスFIBC2015」の受賞サービスを発表~FIBC大賞は『Capyリアルタイムブラックリスト/Capyアバターキャプチャ』が受賞~(2015年2月27日)
リンク
- ISID、金融イノベーションに特化した日本初のイベント「FIBC2012」を開催(2012年1月30日)
リンク

◇FinTechスタートアップ企業への出資、協業関連
- ISID、日本初のFinTech産業拠点「Fino Lab」を三菱地所・電通と協業し大手町エリアに開設~FinTechスタートアップの成長を支援、企業・業界を超えたエコシステム創出を加速~(2016年1月15日)
リンク
- ISID、生体認証サービスのLiquidへ出資~FinTechスタートアップ企業への出資 第二弾~(2015年12月25日)
リンク
- ISID、FinTechスタートアップ企業の事業拡大を支援~第一弾として不正ログイン対策サービスのCapyと協業、金融機関に本格展開~(2015年12月16日)
リンク
- ISID、FinTechベンチャーへ資本参加~第一弾として、住宅ローン借り換えアプリのMFSに出資~(2015年9月10日)
リンク

<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称: ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: リンク
設立: 1975年
資本金: 81億8,050万円
連結従業員: 2,559名(2015年12月末現在)
連結売上高: 56,771百万円(2015年12月期)※9カ月決算
事業内容: 1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営/連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【本イベントに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
金融ソリューション事業部 FIBC運営事務局
TEL: 03-6713-7007
E-Mail: g-finmarketing@group.isid.co.jp

【報道関係お問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 李、野瀬
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。