logo

BSA、新たにSASがメンバーとして加盟

BSA│ザ・ソフトウェア・アライアンス 2016年02月26日 11時00分
From PR TIMES

【2016年2月24日(現地時間) - 米国ワシントンDC発】
BSA | The Software Alliance(本部:米国ワシントンDC、以下BSA)は本日、アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS が新たにBSAに加盟したことを発表しました。SASは米フォーチュン誌による最新の「IT業界で働きがいのある会社トップ10」にも選出された企業です。




BSAのプレジデント兼最高経営責任者のビクトリア・エスピネルは、「SASは、人びとがデータを最大限に活用できるよう支援するソフトウェアを創出しています。世界中のソフトウェア産業を代弁する立場として、私たちは業界の発展と技術革新を促進するため、SASと共に政策を進めていくことを望んでいます」と語っています。

米国ノースカロライナ州キャリーに本社を置くSASは、データアナリティクスのリーディング・カンパニーです。顧客である全世界80,000以上のサイトに革新的なアナリティクス、ビジネスインテリジェンス、データ管理のソフトウェアやサービスを提供し、より良い意思決定をより敏速に実現できるように顧客を支援しています。


[画像: リンク ]

【BSA | The Software Allianceについて】
BSA | The Software Alliance(BSA | ザ・ソフトウェア・アライアンス)は、グローバル市場において世界のソフトウェア産業を牽引する業界団体です。BSAの加盟企業は世界中で最もイノベーティブな企業を中心に構成されており、経済の活性化とより良い現代社会を築くためのソフトウェア・ソリューションを創造しています。ワシントンDCに本部を構え、世界60カ国以上で活動するBSAは、正規ソフトウェアの使用を促進するコンプライアンスプログラムの開発、技術革新の発展とデジタル経済の成長を推進する公共政策の支援に取り組んでいます。詳しくはウェブサイトをご覧ください。


ホームページ : リンク
マイクロサイト : リンク(違法告発.com)
Twitter公式アカウント: リンク
Facebook公式ページ: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。