logo

オートデスクのBIMアプリケーション「Revit」を使用した 数量積算と見積もり作成がより効率的に

日積サーベイ「ヘリオス 11」とデータを直接連携するアプリを提供開始

オートデスクのBIMアプリケーション「Revit」を使用して、数量積算と見積もり作成をより効率的に行えるアプリを日積サーベイが開発、このほど提供開始されましたのでお知らせします。

オートデスク株式会社のBIMアプリケーション「Autodesk® Revit® 2015」で作成されるBIMデータを、建築数量積算・見積書作成システム「NCS/HEΛIOΣ(以下略称:ヘリオス)V11.0」に直接取り込むことができるアドインアプリ「Helios Link 2015」がこのほど株式会社日積サーベイで開発され、オートデスクのアプリ提供サイト「Autodesk App Store」で
無料で提供開始されました。このアドインアプリをRevit 2015で使用することにより、数量積算と見積もり作成にかかる時間が短縮し、業務効率の向上が期待できます。

Helios Link 2015提供サイト
URL:リンク

従来、ヘリオスとRevitで行う数量積算と見積もり作成は、「IFC」と呼ばれる中間ファイルを介した方法で行われます。IFCファイルには全ての設計情報が含まれていますので、データ変換に長い時間がかかります。また、データ変換の際に、一部のデータが欠落してしまい、変換作業を何度もやり直さなければならない場合があります。これに対してHelios Link 2015を使用すると、必要な情報のみを抽出することが可能になり、1回のデータ変換で済みますので、データ欠落を最小限に抑えられます。これらにより変換スピードが短縮され、部署間の円滑な業務連携に寄与します。日積サーベイが機能開発段階で行ったテストでは、データ変換にかかる時間が1/10にまで短縮されました。オートデスクは、このようにさまざまな企業と技術協力して、データや業務ワークフロー連携で業務効率を向上させる「Integrated BIM」をさらに推進していきます。

Revit 2015からヘリオス 11に直接取り込むことができるオブジェクト
「柱」「梁(構造フレーム)」「壁」「床」「独立基礎」「部屋」「ドア」「窓」「プロジェクト名(物件名)」「レベル(階)」「通芯(通り芯)」
仕上げ情報(最大6層分まで):「床」「巾木」「壁」「天井」「廻縁」

効率的なデータ連携をめざす「Integrated BIM」を推進
BIM のデータ連携では、IFC中間ファイルを介したオープンなデータ交換が一般的ですが、特定業務に限ったデータ連携は、その業務に必要な情報だけに絞りこんでデータ交換を行う方が効率的です。今回、日積サーベイはRevitのAPI(アプリケーション プログラム インターフェイス)を使用してアプリケーションを開発し、RevitのBIMデータから必要な情報だけを取り出してヘリオスに直接取り込めるようにしました。これにより、IFCを使用した場合と比較して少ないデータ量で迅速に業務を行うことが可能になりました。オートデスクは、今後もさまざまな企業と技術協力を行ってワークフロー連携を進め、建築設計生産から維持管理までの業務連携を進める「Integrated BIM」をさらに推進していきます。
リンク

「The Future Of Making Things」 ~創造の未来~ について
近年、新しい技術を利用した製造や建設、消費者の購買行動の変化、イノベーティブな製品を生むコラボレーション環境などが組み合わさって、何かを作る方法が全く新しい方向に転換しています。これにより、世界の産業構造は著しい変化に直面しています。こうした変化に率先して対応するために、当社は「The Future Of Making Things」 ~ものづくりの未来~ という考え方のもと、最新技術を取り入れた幅広いアプリケーションとサービスを提供しています。お客様がこうした市場環境の変化にも対応できるように、当社は将来必要になるデザインとワークフローを業界の先頭に立って提案していきます。

以上

オートデスク株式会社概要
本社:東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
代表取締役社長:ルイス・グレスパン
設立:1985年4月1日
資本金:1億円
ウェブサイト:リンク

Autodesk, Inc.会社概要
豊かな想像力と発想を基に、より良い世界を創り出す――オートデスクは、より良い世界を創り出す「デザイン」分野で世界中の人々を支援しています。設計者から、建築家、デジタル・アーティスト、学生、ホビー・ユーザまで、あらゆる人々が自身の創造力を存分に発揮し、大きな成果を上げられるよう、オートデスクは優れたソフトウェア製品を提供します。


Autodesk、Revitは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。
(c) 2016 Autodesk, Inc. All rights reserved.

Autodesk, Revit are registered trademarks of Autodesk, Inc., and/or its subsidiaries and/or affiliates in the USA and/or other countries. All other brand names, product names or trademarks belong to their respective holders. Autodesk reserves the right to alter product and services offerings, and specifications and pricing at any time without notice, and is not responsible for typographical or graphical errors that may appear in this document. (c) 2016 Autodesk, Inc. All rights reserved.

このプレスリリースの付帯情報

ヘリオス 11にBIMデータを取り込んだ際の画面の例

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。