logo

音声SNS【 voice 】のZoooG社が、中国Nibiru game platform運営のNanjing RuiYue Teshnology社と業務提携!

株式会社ZoooG 2016年02月23日 10時00分
From ValuePress!

“音声SNS”【 voice 】のZoooG社が、中国Nibiru game platform運営のNanjing RuiYue Teshnology社と業務提携!!台湾Google Play store SNSカテゴリ3位獲得!新着1位も獲得。

東京に拠点を置くスタートアップ 株式会社ZoooG (読み方:ゾーグ/本社:東京都港区、代表取締役社長:手塚千里)は、2015年晩秋にβ版ローンチした音声の共有ができるソーシャル・ネットワーク・アプリ「voice(ボイス)」事業のグローバル展開において、Nibiru game platform運営のNanjing RuiYue Teshnology社と業務提携いたしました。中国本土での「voice」アプリ展開およびNibiru game platformに関係するゲームビジネスのインバウンド支援、VR事業とSNSビジネスの融合などにて共同で取り組む予定。
(3月に北京で開催されるTFCでは、Nibiru社主催の元、代表が登壇予定。)

◆Nanjing RuiYue Teshnology Co.,Ltd:南京睿动掌悦信息科技有限公司
URL:リンク (Nibiru game platform)

なお、それに先だって、台湾Google Play store SNSカテゴリ3位を獲得。SNSカテゴリ新着1位も獲得。1月末~2月上旬、台湾人気高校生によるキャンペーンも実施済。
<台湾人気高校生キャンペーン参加者:Aries、琦琦、晨晨、沛瑜、玉婷>

ZoooG ではかねてから、100人以上の人気ツイキャス主(=twitterフォロワーの多いツイキャス配信者)からなるネットワークを持っており、彼らのフォロワー数の総計は200万人以上。共同創業者であり代表の手塚千里が、2014年秋に別会社からリリースした人気ツイキャス主から擬似電話がかかってくるアプリ「fancy call」( Android / iOS )では、ノンプロモーションでの自然流入ダウンロード数8万件を記録。これを受けて、音声をやりとりするアプリの需要に可能性を感じた代表の手塚は、voice を日本および音声チャットなどの文化慣習が進んでいる中華圏でもリリースする流れを進め、今回の提携にも繋がりました。
(人気ツイキャス主を活用したソーシャルプロモーションにおいては、既に国内外の有名ゲームアプリのプロモーション支援にて多数の実績あり。)

今後も、ASEAN諸国と北米市場への展開も構想中。

voice は無料で利用できるが、投稿された音声は300時間経過すると消える仕様となっている。Twitter と近しい感覚で音声を投稿し、気に入ったユーザーをフォロー、またフォローされたりし、投稿されている音声を聞いたりそれに反応しコミュニケーションするサービス。自身やフォローしているユーザの気に入った音声を消えないように保存する場合には、保存メニューの初期設定値以上を利用するためにアプリ内課金が発生する。
今後は、有名人起用の「声ガチャ」のようなビジネスモデルや独自の広告事業も検討中。

◆iOS版ダウンロード先はこちら
サイトURL:リンク
◆Android版ダウンロード先はこちら
サイトURL:リンク
◆公式Facebookはこちら
サイトURL:リンク

・アプリ名: voice
・ジャンル: ソーシャルネットワーク
・価格: 無料(アプリ内課金制)

<企業紹介>
株式会社ZoooG
東京都港区西麻布3-24-21 ヴィレッジ山村202
企業サイトURL:リンク


企業名:株式会社ZoooG
担当者:鈴木
e-mail: suzuki@zooog.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事