logo

マッシュマトリックス、SalesforceのデータをExcel的に操作可能にする「Sheet」の一般公開を開始

JCN 2016年02月23日 09時00分
From JCN Newswire


TOKYO, Feb 23, 2016 - ( JCN Newswire ) - Webベースのエンタープライズ向けアプリケーションを開発し販売する株式会社マッシュマトリックス(本社:東京都中央区、代表取締役社長 冨田慎一 以下:マッシュマトリックス)は、Salesforce内のデータをスプレッドシート形式で閲覧・編集可能にする新製品「Mashmatrix Sheet」を本日より一般公開を開始し、同時にキーボードによる操作やデータのコピー&ペーストが「Mashmatrix Sheet」で可能となる追加機能を実装したことを発表しました。

画像: リンク

Mashmatrix Sheetは、セールスフォース上のデータをExcelのように操作できるアプリケーションです。検索や絞り込み・並べ替えといった操作はもちろん、一括編集や更新などの操作も、データをダウンロードすることなくすべてのWebブラウザ上で実現可能です。

また横方向へのスクロールやヘッダ列固定をはじめ、今回実装したキーボードによる操作やコピー&ペースト機能など、Salesforceの標準機能や既存のソリューションでは難しかった表現についても達成しているため、エンドユーザに操作のストレスを与えることなく、日々のセールスフォースの入力を効率化できます。

アプリケーション名: 「Mashmatrix Sheet」
価格: 1ユーザーあたり1,500円/月(税別)
URL: リンク

また、「Sheet」製品の一般公開開始にともない、製品の導入を検討されるユーザー様およびパートナー様に向けたローンチセミナーを2月26日(金)に開催いたします。

日程: 2016年2月26日(金) 14:00~
場所: セールスフォース・ドットコム東京本社
申込: リンク (TOPバナーより)

<Mashmatrix Sheetを使って改善される業務ユースケースの例>

- Salesforce内に格納されたリードのランク付けとアクションターゲットへの追加
- 問題のある案件の早期発見と担当者へのアクションプランの伝達
- 営業会議におけるメンバーへの最新ステータスの共有と経営層へのプレゼンテーション
- イベント・セミナーに参加した見込み客のステータス管理
- 顧客情報の棚卸作業

<マッシュマトリックスについて>

マッシュマトリックスは、WebサービスやAjax、マッシュアップなどのWeb先端技術を通して、すべての人々に対して情報システム利用時の生産性と利便性の向上を達成することを目標としています。マッシュマトリックスの提供する「Mashmatrix for Salesforce」は、マウスによる簡単な操作でSalesforceのカスタム画面を構築可能な情報ダッシュボード製品です。優れた操作感とユーザインターフェースによって、日々の営業活動やオペレーションにおける Salesforce CRM の使い勝手を飛躍的に向上させます。

株式会社マッシュマトリックス
代表者: 冨田 慎一
所在地: 東京都中央区八重洲2-11-7 一新ビル8F
事業内容:
マッシュアップ技術を核にした企業向け情報ダッシュボード製品の販売
クラウドコンピューティング環境におけるアプリケーション開発のコンサルティング
ウェブサイト: リンク

本件に関するお問合せ先
株式会社マッシュマトリックス
e-mail: info@mashmatrix.com
TEL: 03-4520-5426
FAX: 03-6856-4622

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事