logo

北海道情報大学が「イノベーションネットアワード2016文部科学大臣賞」受賞

北海道情報大学 2016年02月19日 08時05分
From Digital PR Platform


北海道情報大学が、「イノベーションネットアワード2016文部科学大臣賞」を受賞した。受賞事業は「食のヒト介入試験システム“江別モデル”による、食と健康のイノベーション拠点形成」。


 全国イノベーション推進機関ネットワークが主催する「第5回地域産業支援プログラム表彰(イノベーションネットアワード2016)」で、北海道情報大学の取り組みが文部科学大臣賞を受賞した。

 地域産業支援プログラム表彰は、各地域における新事業・新産業創出に向けた優れた取り組みを評価することにより、自主的な地域産業の振興・活性化を促進するとともに、他の地域においてもこうした先進事例を取り込むことで主体的に地域産業の振興・活性化の「流れ」を創ることを目的として平成23年度に創設されたものである。

 表彰は、文部科学大臣賞以外に、経済産業大臣賞、農林水産大臣賞、全国イノベーション推進機関ネットワーク会長賞、一般財団法人日本立地センター理事長賞などがあり、今年は昨年を大幅に上回る66件の応募の中から各賞が選ばれた。

 表彰式は3月4日(金)に中央大学駿河台記念館で開催される「イノベーションネットアワード2016記念フォーラム」の中で行われる。

【北海道情報大学 文部科学大臣賞 受賞内容】
■受賞事業
 食のヒト介入試験システム“江別モデル”による、食と健康のイノベーション拠点形成

■受賞理由
 北海道の地域資源である機能性食材を科学的に検証するため、食のヒト介入試験システムを構築、実施。食の機能性評価系として、食品の高付加価値化による関連産業の振興に貢献しているほか、食産業に関わる専門家の人材育成や栄養学に遺伝学を取り入れたニュートリゲノミクス研究の基盤構築等、産学官連携による地域の活性化に寄与している。

▼本件についての案内はこちら
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 北海道情報大学 健康情報科学研究センター
 住所: 北海道江別市西野幌59-2
 TEL: 011-385-4430(直通)
 URL: リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。