logo

お金のプラットフォームを提供するマネーフォワード社と業務提携 オーナー向けクラウド会計システム「TATERU確定申告」開発開始

インベスターズクラウド 2016年02月16日 15時00分
From PR TIMES



 アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発、運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲 以下当社)は、お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区/代表取締役社長CEO 辻 庸介)と業務提携し、当社の物件を保有するオーナー向けのクラウド会計システム「TATERU確定申告」の開発を開始いたしましたのでお知らせいたします。
[画像1: リンク ]

◯ 業務提携及び「TATERU確定申告」開発の経緯
 不動産投資の家賃収入がある場合、ご自身で本業の収入と合わせて確定申告をする必要があります。当社では、物件を保有するオーナーの確定申告のサポートを行っておりますが、実際の作業や申告はオーナー、またはオーナーが依頼した会計事務所が行っております。確定申告に伴う作業は複雑で手間がかかりますが、オーナーの負担を軽減するため、クラウド会計システム「TATERU確定申告」の開発を開始いたしました。

◯ オーナー向けクラウド会計システム「TATERU確定申告」とは
 オーナー向けクラウド会計システム「TATERU確定申告」は、明細自動取込や勘定科目の自動提案により、確定申告に必要な情報入力がスムーズに行えます。また、確定申告書も自動作成され、申告処理の手間を大幅に削減できます(e-Tax対応)。入力データは即時反映されますので、会計事務所などと最新の情報がいつでも共有できます。また、スマートフォンアプリにて、オーナーの日々の入出金確認も行えます。

<「TATERU確定申告」でできること(※)>
1) 連携金融機関3,600社以上の明細データを自動取得
 銀行、クレジットカード、電子マネー、Amazonや楽天などの通販サイトなど、連携する金融機関から日々の入出金明細や利用履歴を自動で取得します。不動産オーナーにおいては、銀行口座との連携で家賃収入の履歴が毎月自動で取得されるため、売上の入力作業が激減します。
[画像2: リンク ]



2) 取得データに基づき勘定科目を自動提案、自動仕訳
 自動取得した明細データの情報から、勘定科目を自動で提案します。さらに、一度入力した仕訳については勘定科目を自動学習するため、二回目以降は入力の手間がますます不要になります。
[画像3: リンク ]

3) PC、スマホ画面で経営の見える化
 レポート機能を使えば、日毎・月毎の収支、キャッシュフローなどをグラフで閲覧することができます。PCのみならず、スマートフォンにも対応しているため、いつでもどこでも経営の状況を確認することが可能です。
[画像4: リンク ]



※画像はイメージです。これらの機能はあくまで開発段階の予定であり、変更になる可能性がございます。

◯ マネーフォワード社 概要
社名:株式会社マネーフォワード
本社:〒108-0014 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館17F
設立:2012年5月
資本金:37億4197万円(資本準備金含む)
代表取締役社長CEO:辻 庸介
事業内容:
自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』、ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』など、お金に関するプラットフォームを開発・提供

◯ 当社 概要
社名: 株式会社インベスターズクラウド
本社: 〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 7F
設立: 2006年1月23日
資本金: 6億192万円(2015年12月25日現在)
代表取締役: 古木 大咲
事業内容:
・アプリではじめるアパート経営「TATERU」の開発・運営
 「TATERU」 リンク
・「TATERU kit」の企画・開発
・ネットで賢くリノベーション「スマリノ」の開発・運営
 「スマリノ」リンク 

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。