logo

アイディーエス、オープンソース・マネージド・サービスの第二弾として「マーケティング・オートメーション導入サービス」を提供開始~マーケティング・オートメーションOSS mauticの環境構築・運用代行~

株式会社アイディーエス 2016年02月12日 15時00分
From DreamNews

株式会社アイディーエス(本社:東京都港区、代表取締役社長:中野 貴志、以下 IDS)は、優れたオープンソースソフトウェア(以下、OSS)を活用したオープンソース・マネージド・サービスを開始。2016年1月15日より顧客管理を行う「vtigerCRMクラウドサービス」の提供中で、このたび第二弾として2016年2月12日(金)より「マーケティング・オートメーション導入サービス」の提供を開始します。

■すぐにマーケティング・オートメーションを試してみたい企業様へ
企業間での競争が激化する中、勝ち抜く為には見込み客の獲得・育成が重要なポイントです。しかし、これまでのマーケティング・オートメーション(以下MA)ツールは、価格も高く、キャンペーンマネジメント設計に手間がかかり、導入のハードルは高いものでした。「マーケティング・オートメーション導入サービス」は、インフラ環境の提供だけではなく、実業務への導入支援も含めてサービス提供を行うため、充実したMA機能をすぐに活用することができるサービスです。
■マーケティング・オートメーション(MA)について
 MAは、メールやソーシャルメディア、Webなどを活用して、企業のマーケティング活動の効果をより高く、かつ効率よくすることを目的としたソフトウェアです。MAには、メール配信、ランディングページ・フォームからのリード獲得のための機能、Web解析、リード管理、キャンペーンの管理、マーケティング分析などの様々な機能があります。この機能により、個々のリードの行動履歴を記録でき、その履歴からリードの潜在ニーズがわかるだけではなく、マーケティング業務の品質向上、並びに生産性向上につながります。
■オープンソース・マネージド・サービスの特長
低コストで利用できるオープンソースは、大企業での部門導入や中堅企業での活用がこれまでも検討されてきましたが、専門の情報システム部員のサポートがいないと技術的トラブルに対応できず、ユーザ部門主導での導入に課題がありました。アイディーエスのオープンソース・マネージド・サービスは、mauticの稼働環境を、お客様専用のクラウド上に標準インストール済みの状態でご提供することで、すぐに利用をはじめることができるサービスです。まずは第一弾として「vtigerCRMクラウドサービス」をリリース済みで、今回さらに、マーケティング・オートメーションサービスを展開しました。
■「マーケティング・オートメーション導入サービス」の特徴
1) 機能豊富なオープン・ソース・ソフトウェアのMAツールである「mautic」を採用
2) 見込み客獲得から育成・案件化まで幅広くMA領域をカバー
3) オープンソースのため、企業毎の要件に合わせた機能拡張・カスタマイズが自由
4) マネージドサービスのため、面倒なインフラの管理は不要
■「mautic」機能概要
1) Eメールマーケティング
2) ランディングページ作成
3) キャンペーン管理
4) 分析機能
5) 外部連携
・リード情報をvtigerCRM「見込み客」管理へ連携、など。
■「マーケティング・オートメーション導入サービス」ご利用料金
----------------------------------------------------------
初期導入費用 :   500,000円
月額ご利用料金 : 100,000円
ご契約期間単位 : 3ヶ月
----------------------------------------------------------
その他、料金体系・サービス内容の詳細は弊社ホームページをご参照ください。リンク
■会社概要
1996年創業の独立系システムインテグレーター。情報系システム構築を専門としており基幹系システムや営業支援システム・CRM、EC-CUBEを利用したB2B ECサイト構築など数多くの提案・開発実績を有します。
会社名 :株式会社アイディーエス
本社 :〒108-0073 東京都港区三田3-2-8 Net.2 三田ビル2F
代表取締役 :中野貴志
設立 :1996年12月
会社HP :リンク
■本件に関するお問い合わせ先
会社名 :株式会社アイディーエス
担当 :ソリューション事業部 ビジネス推進グループ 後藤
TEL :03-6386-8091
Email :inqbpg@ids.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事