logo

世界政府サミットは最終日に持続可能開発都市連盟ドバイ憲章に調印

World Government Summit UAE 2016年02月12日 11時46分
From 共同通信PRワイヤー

世界政府サミットは最終日に持続可能開発都市連盟ドバイ憲章に調印

AsiaNet 63382 (0174)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2016年2月11日PR Newswire=共同通信JBN】主要な姉妹都市・組織代表が世界政府サミット(World Government Summit)に集結し、ドバイの持続可能な未来構築ビジョン達成に向けた協力を追求する「Dubai Charter of Sustainable Development Cities Alliance(持続可能開発都市連盟に関するドバイ憲章)」に調印した。

(Logo: リンク

調印は「Shaping Future Cities(未来の都市形成)」と題する円卓会議の一幕で、会議ではドバイの人口増予測(2030年までに500万人)、天然資源の枯渇、あらゆる部門にわたる需要増が意味するものについて討議された。

調印したのはアブダビ、ドバイ(アラブ首長国連邦=UAE)、ベイルート(レバノン)、アンカラ(トルコ)、アンマン(ヨルダン)、リヨン都市圏(フランス)、マディーナ州(サウジアラビア)、バグダッド(イラク)、マナマ(バーレーン)、ラバト(モロッコ)、クウェート市、国際資本市場協会(ICMA)、インド、アラブ・タウン組織(ATC)

サミットのその他のハイライトは以下の通り。

*アラブ首長国連邦とマルタが政府の革新と効率増大に協力する新覚書に調印。UAE内閣担当相、マルタ首相がそれぞれの国を代表して調印した覚書は、このような努力における民間と一般大衆の関与、およびMalta Information Technology Agency(MITA)の対UAE技術支援拡大を追求するとしている。 

*Economist Intelligence Unitのビジネスアドバイザリー部門、Economist Corporate Networkの最新報告は、失業率引き下げ、労働人口のスキル向上、経済成長のためにデジタル化を活用し、労働市場を再考するよう各国政府に訴えている。

*暗号通貨の将来は、ある日マイカーがほかの車を操って交通混雑を通り抜けられるようになることを意味する―世界的な大手デジタルワレット・ソフトウエアプロバイダー、Blockchainのニコラス・キャリー共同創業者兼社長

*加盟諸国は国連アジェンダ2030の持続可能な開発目標(SDGs)を包括的かつ統合された国家アジェンダに組み込むことによって、その具体化に一役買うことができる―ヤン・エリアソン国連副事務総長

*エジプトの教育、健康、運輸、住宅部門の3年以内の進歩を期待しているのは5人や10人ではない-エジプトのシェリフ・イスマイル首相

▽世界政府サミット(World Government Summit)について
UAE政府は2013年以来、政府の将来に関する年次イベントを開いている。第4回サミットは2月8日から10日まで、ドバイのMadinat Jumeirahで開催された。詳しい情報は公式ウェブサイト、リンク を参照。Twitterは@WorldGovSummit (リンク )#WorldGovSummit。

▽問い合わせ先
Suzanne Samaan
+971559548682

ソース:World Government Summit UAE

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。