logo

告白は両想いでないと成功しないのか?女性の約4人に1人は「特に意識していなかった相手」との交際経験あり『恋愛・婚活・結婚調査2015』より

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2016年02月10日 13時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、『恋愛・婚活・結婚調査2015』に関する分析をお伝えします。


▼『告白は両想いでないと成功しないのか?』はこちら
リンク

▼『恋愛・婚活・結婚調査2015』はこちら
リンク

▼その他の『ブライダル総研 Research News』はこちら
リンク


『恋愛・婚活・結婚調査2015』にて、20代~60代の男女に「今までの恋愛パターン」や「恋愛観」について調査しました。(既婚者は結婚する前の恋愛について回答)
―――――――――――――――――――――――――――――
◆女性の約4人に1人が「告白されて特に意識していなかった相手」との交際経験あり
―――――――――――――――――――――――――――――
告白をするときは、両想いでないと成功しないのでしょうか。
『恋愛・婚活・結婚調査2015』にて、20代~40代男女に「恋人との交際開始方法」について調査しました。

【現在の恋人と付き合うとき、相手のことが好きだったか(20代~40代未婚男女/交際経験がある人/単一回答)】※現在恋人がいない人は直近の恋人とのことについて回答

(男性)
 相手のことが好きだった:72.3%
 相手のことは特に意識していなかった:27.7%

(女性)
 相手のことが好きだった:58.8%
 相手のことは特に意識していなかった:41.2%

恋人と付き合うにあたり、男性は約7割、女性は約6割が、好きだった相手と交際していることがわかりました。一方で、相手のことは特に意識してなかった割合をみると、男性は約3割、女性は約4割が付き合う時点では、特に意識をしていなかった相手と交際していることがみてとれます。

【現在の恋人と付き合うにあたりどちらから告白したか(20代~40代未婚男女/交際経験がある人/単一回答)】

(男性)
 ・自分から告白した:56.9%
 ・相手から告白された(自分も相手が好きだった):15.3%
 ・相手から告白された(自分は特に相手のことを意識していなかった):9.5%
 ・どちらとも言えない:18.2%

(女性)
 ・自分から告白した:11.3%
 ・相手から告白された(自分も相手が好きだった):47.5%
 ・相手から告白された(自分は特に相手のことを意識していなかった):27.2%
 ・どちらとも言えない:14.0%

さらに特徴的なのは、女性の「相手から告白された(自分は特に相手のことを意識していなかった)」の割合。約4人に1人が特に意識していなかった相手と、告白をきっかけに交際を始めていることがわかりました。
  
―――――――――――――――――――――――――――――
◆「特に意識していなかった相手」と交際経験がある女性は
「見た目」より「中身」を重視する傾向に
―――――――――――――――――――――――――――――
では、特に意識していなかった相手と付き合った経験があると回答した女性は、「見た目」と「中身」のどちらを重視するタイプの人なのでしょうか。

【恋愛に対する考え方(20代~40代未婚女性/現在の恋人または直近の恋人は特に意識していなかったが、告白されて交際した人)】
・「恋人には、中身より見た目を重視する」
  あてはまる:19.9% /どちらとも言えない:40.2% /あてはまらない:40.0%

・「恋人には、顔よりも性格の良さを重視する」
  あてはまる:47.8% /どちらとも言えない:45.3% /あてはまらない:6.8%
 
恋人の性格の良さを重視すると回答した人が、見た目を重視する人を上回っていることがわかりました。女性は特に意識していない相手であっても、気持ちのこもった告白をきっかけに相手のことを知ってみたいという気持ちになる人が多いのかもしれません。 

 
▼『告白は両想いでないと成功しないのか?』はこちら
リンク

▼『恋愛・婚活・結婚調査2015』はこちら
リンク

▼その他の『ブライダル総研 Research News』はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
◆本調査の実査を担当する『リクルート ブライダル総研』とは
――――――――――――――――――――
『リクルート ブライダル総研』は、結婚情報誌『ゼクシィ』を企画運営する株式会社リクルートマーケティングパートナーズにおける調査・研究組織です。
結婚や結婚式に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。
出版・印刷物等へデータを転載する際には、“恋愛・婚活・結婚調査2015(リクルートブライダル総研調べ)”と明記いただけますようお願い申し上げます。


▼『リクルート ブライダル総研』について
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本リリースに関するお問い合わせ】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。