logo

移住者誘致WEBサービス、 地域おこし協力隊募集の取扱いを開始 ~第1弾は日本三大秘境・宮崎県椎葉村~

合同会社RegionWire 2016年02月09日 16時10分
From RELEASE PRESS




移住者誘致WEBサービス「RegionWire」
地域おこし協力隊募集の取扱いを開始
~第1弾は日本三大秘境・宮崎県椎葉村~


地域マーケティング支援サービスの開発・運営を手掛ける合同会社RegionWire(本社:埼玉県、代表:小槻博文、読み:リージョンワイヤー)は、同社が運営する移住者誘致WEBサービス「RegionWire」    
リンク) において、「地域おこし協力隊」の募集に関する取り扱いを開始いたします。

第1弾として日本三大秘境の一つ・宮崎県椎葉村の募集情報を2016年2月9日から掲載開始いたします。


宮崎県椎葉村の記事:リンク



地域おこし協力隊の概況について


「地域おこし協力隊」は、都市地域から過疎地域等に一定期間移住して各種地域協力活動を行いながら、その地域への定住・定着を図る取り組みです。政府は地方創生の重要施策として「地域おこし協力隊」を位置づけており、2016年度には3,000名(2014年度実績:1,511名)まで増やす方針を掲げています。

この流れに則って各自治体では積極的に地域おこし協力隊を募集する一方で、全国各地にて隊員の募集が行われているため、募集情報が埋没してしまい、募集定員に満たない地域も散見されます。



RegionWireによる「地域おこし協力隊」の取り扱いについて


そこで現地取材による「ストーリーコンテンツ(情報をつくる / 関心喚起)」を制作し、そして制作したコンテンツを「ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)(情報を届ける / 認知向上)」と連動させながら移住希望者・潜在層に対して幅広く届けることで、全国各地の移住者誘致を支援する「RegionWire」では、移住・定住促進や地域活性の一環として展開されている「地域おこし協力隊」に関する募集の取り扱いを新たに開始することにいたしました。

なお「RegionWire」では、現在までに移住者誘致に関する以下の募集情報を取り扱っています。

<自治体・委託者向け>
リンク
一般生活者、起業家、サテライトオフィス、地域おこし協力隊(新)

<企業向け>
リンク
地方企業・地方拠点での求人


RegionWireでは、今後も移住希望者に対して、地方移住に向けたさまざまな選択肢を提供することで更なる移住促進を図り、そして東京一極集中の解消および全国各地の地域活性につなげていく方針です。



【会社概要】
商号:合同会社RegionWire(リージョンワイヤー) <Region(地域)+Wire(広める、つなぐ)>
本社:埼玉県草加市    
事業所:東京都新宿区
代表者:小槻 博文
事業内容:地域マーケティングに関するWEBサービスの企画・開発・運営


リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事