logo

大妻女子大学が英オックスフォード大学ハートフォードカレッジ「コタカルーム」で手工芸ワークショップを開催

大妻女子大学 2016年02月08日 08時05分
From Digital PR Platform


大妻女子大学(東京都千代田区)は2015年11月27日、オックスフォード大学ハートフォードカレッジ(イギリス)の「コタカルーム」で、手工芸ワークショップ「Japan Handicraft Demonstration and Workshop」を開催した。これは、大妻女子大学の創立者・大妻コタカのスピリットである手工芸の「おもてなしの心」を海を越えて伝えようと、短期大学部英文科・井上美沙子教授(大妻中学高等学校校長)と同家政科家政専攻・下坂智惠教授が企画したもの。


 大妻女子大学の創立者・大妻コタカの名を冠した「コタカルーム」は、両校の交流深化を目的として2014年、オックスフォード大学ハートフォードカレッジに設置された。

 ワークショップ中、コタカルームでは香木が焚かれ、当日参加した両校の学生や教職員、近隣の方々のために、創作手工芸展(日本手工芸作家連合会主催/会長:花村邦昭大妻学院理事長)の文部科学大臣賞受賞作品など手工芸品の数々を展示。また、日本茶や小豆を用いた和菓子で参加者をもてなした。
 オックスフォード大学に長期留学中の大妻女子大学の学生3人も加わって、日本の伝統的な刺しゅう「刺し子」や千代紙を使った折り鶴や箸置き、升を花器に見立てた正月飾りなどを制作した。

 参加者からは「日本の手工芸に込められた“Japanese Spirit”に触れ、実際に作品を制作できたのはうれしかった」「室内に焚かれた香やいただいた日本茶、和菓子に感動した」という声が寄せられた。

 大妻女子大学千代田キャンパスではオックスフォード大学のトモ・スズキ教授による特別レクチャーが開催されるなど、両大学間の国際交流、文化交流が進んでいる。

(参考)
・大妻学院創立者の名を冠した「コタカルーム」を英オックスフォード大学ハートフォードカレッジが設置――大妻女子大学(2014/07/04)
 リンク

・英オックスフォード大教授が講演(大妻女子大学webサイト内)
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 大妻女子大学 広報戦略室
 東京都千代田区三番町12
 TEL: 03-5275-6159
 FAX: 03-5275-6098

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事