logo

G2A がGaming Istanbul 2016を支援 G2A 3D+と3Dプリンティング製品を発表

G2A.com 2016年02月05日 14時04分
From 共同通信PRワイヤー

G2A がGaming Istanbul 2016を支援 G2A 3D+と3Dプリンティング製品を発表

AsiaNet 63336 (0149)

【ジェシュフ(ポーランド)、ロンドン、香港2016年2月5日PR Newswire=共同通信JBN】
G2A.comは2016年2月3日にイスタンブールで開催されたGaming Istanbul GIST 2016 Developers Conferenceで大きなプレゼンスを示した。ここでのテーマ「Gaming Bridge of Eurasia(ユーラシアのゲーミングの架け橋)」はトルコの地政学的な位置を指すとともに、トルコ、とりわけイスタンブールをゲーミング交流の架け橋を作る場所とすることを目指している。

(Photo: リンク
(Photo: リンク

G2Aの世界広報担当であるジャクリーン・パーセル氏はサミ・ハミッド氏ともに参加者を歓迎して開会した。彼女はG2Aで日常的になっている急速な革新の証しについて語り「世界で400人のエネルギッシュなゲーマーと世界クラスのプロが急速に進む革新モードに参加しており、まるでハリウッド映画を見るようだ」と述べた。

G2Aの事業開発責任者であるパトリック・カドレッツ氏は、ゲーミング産業向けに開発された総合型3Dプリンティング・ソリューションのG2A 3D+をケーススタディとして説明しながら、ゲーミング企業が新技術に投資する理由について語った。カドレッツ氏は3Dプリンターで作成したゲーミング・アイコンの例を紹介したが、プレゼンテーションの後、今まで3Dプリンターで作成した製品を見たこともない多くの参加者から質問攻めにあった。カドレッツ氏はデベロッパーにGISTのG2Aスタンドを訪れるよう促し「実際に動いている3Dプリンターを見たければ、GISTのG2Aスタンドに来てほしい。そうすれば、参加した人のために実際に動かしてみせる」と語った。G2A 3D+は2016台北電玩展(リンク )で驚くほどインタラクティブな特別仕様製品を発表した。

詳細はリンク を参照。

G2AのOculusチーム責任者であるマルチン・クリシピン氏は、バーチャルリアリティ(VR)部門でVR Developers Perspectiveのケーススタディとして「VRの課題」について語り、G2AがVRのソリューション開発と革新においてどのようにトレンドセッターになったかを説明した。G2A LANDはG2A.COMから2016年第1四半期に無料でダウンロード可能になるよう計画中(リンク )。

G2Aが長年提携しているPAYPALのマット・カモロフスキ氏(中・東部欧州販売責任者)は、ゲーミング産業をサポートするためPAYPALが果たしている役割について鮮やかなプレゼンテーションを行った。「Click Less, Play More:Payment in Digital Gaming」と題した講演で、カモロフスキ氏は世界的観点から安全な支払いとしてどのようなことが必要かということをオーディエンスが理解できるように以下のような統計を示した。「現在世界で12億の人々がゲームをプレーしている(注1)。デジタル・ゲーミング市場は610億米ドルに達している(注2)。PayPalは消費者にとって支払いが簡単かつ安全に行われるようにしており、同時にデベロッパーがスムースなゲーミング体験を提供できるよう支援している。そうすることで、人々は支払いに時間をかけず長くプレーできるようになっている」

カモロフスキ氏は、G2A ShieldとG2A Payの2つの革新について安心して信頼に足る顧客体験を提供する素晴らしい開発とコメントしている。

遠く米国からの講演者を含むその他の講演者は、ゲーミング開発の輝かしい見通しの中でGames Culturalisation、The Players Journey and The Future of Local Multiplayer Games -; Big Screen and Social Interactionを含むゲーミング産業における最先端の開発について語った。

注1. Newzoo, Global Games Market Report, 2013
注2. SuperData, Worldwide digital games market: 2015 total, 2016

リンク
リンク

ソース:G2A.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。