logo

神奈川大学の新学長が決定

神奈川大学 2016年02月04日 20時05分
From Digital PR Platform


神奈川大学は、石積 勝 現学長の任期満了に伴う次期学長選挙の結果、兼子 良夫(かねこ よしお)を当選人と決定し、1月29日の評議会の議を経て、2月4日の理事会で学長の任用を決定した。
次期学長の任期は、2016年4月1日から2019年3月31日までの3年間。


兼子 良夫 (かねこ よしお)

1955年9月2日生(60歳)
現在 経済学部 教授、学校法人神奈川大学 理事
専門は、財政学、地方財政
日本説得交渉学会 会長

【新学長プロフィール】
(2016年2月4日現在)

1955年山形県生まれ。
同志社大学商学部卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得後退学。
大阪大学で博士(経済学)の学位取得。
労働省、愛知県庁、熊本学園大学経済学部専任講師、大分大学経済学部助教授を経て、2003年神奈川大学経済学部助教授として就任。2007年経済学部教授となる。第二経済学部経済学科主任、横浜キャンパス共通教養系科目教育協議会会長、経済学部長兼第二経済学部長などを歴任し、現在、学校法人神奈川大学評議員、同理事を務める。

2016年4月1日に神奈川大学学長に就任する。

専門は、財政学、地方財政。特に、財源配分、政府間財政関係の研究。
所属学会は、日本経済学会、日本地域学会、日本都市学会、日本財政学会、日本地方財政学会、日本説得交渉学会。

【主な著作・論文】
『地方財政』(単著), 八千代出版, 2012.
『信頼と安心の日本経済』(共著), 勁草書房, 2008.
『第六版 会計学辞典』(共著), 同文舘, 2006.
『国際経済事情』(共著), 八千代出版, 2005.
『地方財政と地域経営』(共著), 八千代出版, 2004.
『グローバル・エコノミー』(共著), 文化書房博文社, 1992.
「法人事業税の改革と地方分権」『経済論集(熊本学園大学)』22, 1-2, 2015.
「自動車取得税の説得的改革と地方道路財源」『説得交渉学研究』6, 2014.
「地方道路財源と地方税制改革」『日本都市学会年報』47,2014.
「地方税制改革と地方分権II-NPO支援と住民税改革-」『日本都市学会年報』39,2006.
「自動車関係税制の改革と地方税制」『経済貿易研究』31, 2005.
「地方債発行と景気調整機能」『経済論集(熊本学園大学)』9,3-4, 2003.
「地方交付税の財政調整機能の変容とその意義」『地域学研究』28,1,1998.
「地方財源配分方式と経済厚生」『オイコノミカ』32,1,1995.

▼本件に関するお問い合わせ先
 神奈川大学 広報部
 電話: 045-481-5661(代)
 Eメール: kohou-info@kanagawa-u.ac.jp
 リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事