logo

春節の関西国際空港で 大阪国際大学の学生がインバウンド旅行客をアシストするボランティア活動を実施

大阪国際大学 2016年02月04日 08時05分
From Digital PR Platform


今週末、中国圏の春節期間に関西国際空港を利用する旅客が3万人を超える最高の混雑が予想される中、大阪国際大学は学生が身に着けた知識や語学力を活かしてインバウンド旅行客をアシストするボランティア活動を実施する。同大学は、昨年10月から毎月2回(1月を除く)ボランティア活動「Assisting at KIX as a Volunteer 25」(略称:AKV25)を実施している。同空港で初の試みで、アジアを中心に急増する海外からの観光客をおもてなしするのが狙い。


 大阪国際大学は、学生の英会話クラブ「E.S.S.」や「ボランティア バンク」に登録している学生が、留学生との交流や外国人向けの観光ガイド、海外でのボランティア活動などさまざまな分野で活動している。学部、短期大学部を問わず学生を派遣しており、今週末の2月6日、7日は40人弱の予定。
 主に第1ターミナルビル1階国際線到着ロビーで行っているが、昨年12月にはJR西日本とも協力し、空港とJRの連絡口まで活動の場を広げている。

●2015年12月の活動の様子
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 大阪国際大学・短期大学部 地域協働センター
 TEL: 06-6902-0791(代)
 〒570-8555大阪府守口市藤田町6-21-57

(発信元:大阪国際学園法人本部事務局 企画・広報課)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。