logo

2016年春夏、ユニクロはブラジャーの新市場を開拓します

株式会社ユニクロ 2016年02月03日 18時06分
From Digital PR Platform


ユニクロは、新カテゴリーのブラジャー「ワイヤレスブラ ビューティーライト」を2016年2月8日(月)より順次発売します。従来ブラジャーはワイヤの有無で大きく2つに分類されてきましたが、いま新カテゴリーとしてワイヤブラの要素を持ったノンワイヤブラが登場しており、サードウェーブブラとして2016年は注目を集めそうです。ユニクロはあらゆる人の生活を豊かに、より快適に変えていくというLifeWearのコンセプトのもと、「ワイヤレスブラ ビューティーライト」によりこの新しい市場を開拓し、女性の快適な生活と美を応援していきます。

■サードウェーブブラとは?
一般的に、ワイヤブラは高いサポート力で美しいバストを演出できる反面、圧迫感を感じやすく、ノンワイヤブラはソフトな着け心地で快適な反面、シルエットがルーズになりがちです。サードウェーブブラは、ワイヤでバストを支えるのではなく、特殊な素材や構造により面で支えることで、ワイヤブラの造形性とノンワイヤブラの快適性を両立する新カテゴリーのブラジャーです。

<ワイヤレスブラ ビューティーライト商品特徴>
■面で支えて美しく整える“しなやかフレーム”
アンダーとカップを一体化し、バスト下に柔らかいウレタン樹脂と、幅広のシートを組み合わせた“しなやかフレーム”を使用。カップの広がりを押さえると同時に、下から面でバストを優しくサポートします。従来より日本人女性は、脇からしっかりとバストを寄せ、高さや谷間を強調したシルエットを好む傾向があります。これに対して本商品は、作りこみ過ぎない自然なバストこそ、セクシーで美しいというコンセプトのもと、バストそのものの柔らかな感触や丸味、揺れを感じさせるシルエットを追求。時代のムードを反映した新しい女性美を提案します。

■実用性とシンプルな美を兼ね備えたデザイン
薄手の洋服にもひびきにくいフラットな表面感を追求し、無地、レース、ヘザー柄の3種類のデザインを用意しました。洋服選びのように毎日の下着も楽しんでもらえるよう、2016年春夏ファッションのキーカラーとされるクリーミーなイエローや、トレンドのフェミニンテイストを意識したピンクやパープルなど、全16色柄でご提案。サードウェーブブラを初めて体験する方にもお試しいただきやすい1,990円(税別)という価格設定で展開します。

■快適と美しさを両立する構造
カップと土台を一体化。バスト下に柔らかいウレタン樹脂と、幅広のシートを組み合わせたしなやかフレームを使用(赤線の内側)。下から面で優しく支えます。
フラットなデザインで、アウターへのひびきにくさを追求しました。長時間快適に着けられるよう、しっとりと滑らかな素材を使用。
幅広い体型にフィットするよう、背中のアジャスタは3段の仕様。バック部分は無縫製にし、肌へのくいこみを軽減。


■商品ラインナップ
商品名:ワイヤレスフ゛ラ ヒ゛ューティーライト 
色柄数:8
サイズ展開S – XL

商品名:ワイヤレスフ゛ラ ヒ゛ューティーライト(レース)
色柄数:6
サイズ展開S – XL

商品名:ワイヤレスフ゛ラ ヒ゛ューティーライト(ヘサ゛ー)
色柄数:2
サイズ展開S – XL

価格:各1,990円+消費税


■商品情報サイト
リンク


【参考情報】
●ブラジャーにもサードウェーブの波が到来
ライター・エディター川原好恵
文化服装学院卒業後、流通業界で販売促進、広報、店舗開発を約10年経験した後、フリーランスとして独立。
下着通販カタログの商品企画などを経て、現在はランジェリーを中心に、雑誌、新聞、ファッションウェブサイト、海外メディア
などで執筆・編集を行う。

2016年春、アンダーウェア界に新しい波が押し寄せようとしています。それは、従来品にはなかった 新しいブラジャーカテゴリーの創出、そしてそれが顕在化するという波です。私は、それをコーヒーに なぞらえて「ブラジャーのサードウェーブ」と呼んでいます。
 そのサードウェーブとは何か? ブラジャーは大きく、ワイヤ入りとワイヤなし(ノンワイヤ)に分類できますが、ファーストウェーブをバストメイク力に優れたワイヤ入りブラ、セカンドウェーブを楽な着け心地のノンワイヤブラだとすると、サードウェーブはそのどちらにも属さない、というより両方のいいとこ取りをしたブラジャーのこと。大きな特徴として、ワイヤ(線)ではなくシート(面)が内蔵されていることが挙げられます。面でバストを支えることで、ノンワイヤブラより安定感・バストメイク力がありながら、着け心地は楽。カップに接ぎがないため、見た目にもスタイリッシュな印象。こういった商品が各社から今春発売され、市場に広がりつつあるのです。
 女性達がブラジャーに求める要素は様々ですが、大きくその意識を変えたのが、2008年のユニクロブラトップの発売と言えるでしょう。その普及により、圧迫感のない快適な着け心地と美しいバストシルエットの両立が、女性達の新定番となりました。「ラクにキレイになりたい」そんな女性達の願望に、各社が技術革新と商品開発力で応えたことが、このサードウェーブに結びついたと考えられます。
ブラトップによって女性達に新たな価値観を与えたユニクロが、このサードウェーブブラのカテゴリーにも参入することで、市場を活性化し、認知を広げることが大いに期待されます。その結果、2016年は日本のブラジャーの歴史上、エポックメイキングな年になることでしょう。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。