logo

聖徳大学が「英米文学の名作を読むV」を開催

聖徳大学 2016年02月03日 08時05分
From Digital PR Platform


聖徳大学(千葉県松戸市 学長/川並弘純)言語文化研究所が「英米文学の名作を読むV」と題して研究発表会・シンポジウムを開催する。


■「英米文学の名作を読むV」   
<研究発表会> 
・日 時: 平成28年2月20日(土) 13:00~15:00
・司 会: 北村 弘明(聖徳大学言語文化研究所教授)
・発表者: 藤井  繁(聖徳大学名誉教授)
・演 題: E.ヘミングウェイの文学―神話の崩壊「キリマンジャロの雪」(1936)を中心に―

<研究発表会> 
・日 時: 平成28年2月27日(土) 13:00~15:00
・司 会: 原  公章(元日本大学教授)
・発表者: 宮内 泰彦(元聖徳大学兼任講師)
・演 題: アイリス・マードック『鐘』の倫理性―蝶のように漂うドーラの生の軌跡―

<シンポジウム> 
・日 時: 平成28年3月5日(土)13:00~15:00
・司 会: 深沢 俊雄(元聖徳大学文学部文学科教授)
・発題者: 天野 暁子(聖徳大学兼任講師)
        チャールズ・ディケンズ『ディビッド・コパーフィルド』
        ―子どもへの視点―
      武田 久子(聖徳大学兼任講師)
        D.H.ロレンス『恋する女たち』―レルケの存在の必然性―
      井村  猛(聖徳大学兼任講師)
        時事英語―現代英語の新語―

<シンポジウム> 
・日 時: 平成28年3月19日(土)13:00~15:00
・司 会: 藤井  繁(聖徳大学名誉教授)
・発題者: 小山  努(聖徳大学兼任講師)
        トマス・ハーディ『森林地の人々』―ジャイルズ・ウィンタボーンの
        利他主義を巡って―
      山下 登子(聖徳大学兼任講師)
        トマス・ハーディ『日陰者ジュード』再考―ジュードの苦悩―
      冨永 久子(聖徳大学兼任講師)
        トマス・ハーディ『らっぱ隊長』―「愛のはかなさ」―


○会 場: 聖徳大学10号館12階(各回同様)
        千葉県松戸市松戸1169
        JR常磐線・新京成線「松戸駅」東口1分
○定 員: 70名
○申 込: 不要
○費 用: 無料

▼本件に関するお問い合わせ
 知財戦略課
 〒271-8555 千葉県松戸支岩瀬550
 電話:047-365-1111(大代表)

 知財戦略課ホームページ
 リンク

▼聖徳大学の広報に関するお問い合わせ
 〒271-8555 千葉県松戸支岩瀬550
 電話:047-365-1111(大代表)
 総務課広報渉外グループ(古澤)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。