logo

S&R財団、2015年S&Rワシントン賞の受賞者を発表

S&R財団 2016年02月01日 10時24分
From 共同通信PRワイヤー

S&R財団、2015年S&Rワシントン賞の受賞者を発表

AsiaNet 63264 (0122)

【ワシントン2016年2月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*傑出したアーティストたちは6月4日、ジョージタウンのエバーメイで行われるS&Rワシントン賞ガラでたたえられる

芸術、科学、社会起業の分野において高い志を持つ有能な個人を支援する非営利団体S&R財団(S&R Foundation)は1日、2015年S&Rワシントン賞の大賞を含む受賞者を発表した。4人の受賞者は6月4日(土)、ワシントンDCのエバーメイで行われるS&Rワシントン賞ガラで正式に表彰される。

S&R財団の久能祐子最高経営責任者(CEO)兼理事長は「S&Rワシントン賞におけるわれわれの目標と願望は、傑出した才能と芸術的卓越性を示した有能な個人を特定してたたえ、彼らの創造的発展の次のステップを支援することである。われわれは特にS&R財団の基本使命の要である国際文化対話に貢献した人物を支援する。2015年の受賞者はさまざまな分野、コミュニティーで活動する素晴らしいアーティストたちであり、今日の社会における芸術の国際的広がりの進化を代表している。S&R財団はこれらのクリエーティブな先見性ある若者を支援できてうれしい」と語った。

2015年のS&Rワシントン賞の受賞者は以下の通り。

*レンビット・ビーチャー氏(リンク )作曲家(大賞受賞者)
「私は魅惑的かつ奇抜で心に響くサウンド世界を通じて、極めて強力だが親しみやすい劇場体験を生み出す曲作りに努めている。私の作品は室内楽、オペラ、管弦楽、新テクノロジーの探検など多くのジャンルにまたがっているが、中核は多様な手段にわたり国境を超えるミュージシャンやアーティストとのコラボパワーへの深い信念である」

*ルオシャ・ファン氏(リンク )バイオリン
「私は、芸術が他人と共有するときに最高に楽しめる世界共通語であると信じている。異なる文化はそれぞれ特有の声を持っているが、同様のメッセージを共有している。海外の若いミュージシャンとして、私はアジアと北米双方の文化を体験した。異文化の中に住むことは、共通する人道的メッセージを発信する必要性に関して、私に広い視野をもたらした。音楽はその世界共通語とともに、このメッセージを発する最も効果的な方法である」

*ジョージ・マネス・ルビオ氏(リンク )複合メディア(彫刻、写真、インスタレーション)
「私は未発見のものを探求するアーティストである。忘れられた場所や物語は、注目に値する場としてあらためて想像し、別の観点から社会、政治、環境の問題に光を当てる芸術作品を制作するよう刺激を与える。私の仕事は研究志向の方法論、具体的な政治社会干渉、フィクション物語の創造、視覚的な探検、没入型のインスタレーションを中心に展開しており、現地のリソースと関わり多様な手法によって作品が最大の社会的影響を与えることを目指している」

*ジョナサン・ウィントリンガム氏(リンク )サクソホン
「ミュージシャンとしての人生の駆動力は常に最高水準の芸術性の追求と多様なコミュニティー遍歴の共有にあった。私は心底から異文化間コミュニケーション、最高の芸術手腕と革新の共有、ほかの文化が持ちうる体験の影響を信じている。このたびの支援を得て私は引き続き、文化障壁を超えて影響し刺激を与えるような有意義な方法で、このような理想を表現したい」

詳しい情報と2015年S&Rワシントン賞受賞者の詳細な経歴は、以下のS&R財団公式ウェブサイトを参照。
リンク

ワシントン賞受賞者にはそれぞれ、キャリアを支援する賞金5000ドルが授与される。大賞受賞者にはさらに5000ドルが授与される。

S&Rはことし、長期的助成金の選考委員会に新メンバー数人を迎えた。2001年に創設されたS&Rワシントン賞は美術、音楽、ドラマ、ダンス、写真、映画、その他の分野で高い志を持つ有能な個人を表彰する。2015年S&Rワシントン賞の選考委員を長く務めるロバート・ドワイヤー、ダイアン・カンカの両氏に加わったのは以下の各氏である。

*ジェニー・ビルフィールド:Washington Performing Arts社長兼CEO
*マイケル・ジュプストロム:ワシントン賞大賞受賞者、作曲家兼ピアニスト
*フィリップ・ケニコット:ワシントン・ポスト芸術・建築批評担当
*ジェイソン・モラン:ジャズピアニスト兼作曲家、教育者、ジョン・F・ケネディ・センターのジャズ芸術監督
*クラウス・オットマン:フィリップス・コレクションの学芸・学術問題担当副部長
*ケイトリン・ティール・プライス:写真アーティスト

S&Rワシントン賞ガラは6月4日(土)午後6時半からエバーメイで行われる。550ドルの個人チケットのほか、600 ドルのVIPチケットも購入できる。このシグネチャーイベントには幾つかのレベルのスポンサーシップがある。スポンサーシップレベルについてはKate Goodall(202-298-6007)に問い合わせを。追加情報とチケット購入はWashingtonAwards.org(リンク )を参照。

▽S&R財団について
S&R財団は、芸術、科学、社会起業の分野において優れた才能と高い志を持ち、とりわけ国際文化協力を促進する有能な個人を支援する目的で2000年に設立された501(c)(3)の非営利団体である。S&R財団に対する寄付は直接その目的の資金になる。諸経費は創設者たちの寄付と既存の資産によって賄われる。詳しい情報はwww.SandRFoundation.org を参照。

ソース:S&R Foundation

▽問い合わせ先
Kerry Lynn Bohen, Sage Communications (for S&R Foundation)
+1.703.533.4823
kbohen@aboutsage.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事