logo

DERMALOGがモルディブに新生体認証パスポートを提供

Dermalog Identification Systems GmbH 2016年02月01日 10時18分
From 共同通信PRワイヤー

DERMALOGがモルディブに新生体認証パスポートを提供

AsiaNet 63263

マレ(モルディブ)、2016年1月29日/PRニュースワイヤー/ --

ドイツに拠点を置く革新的生体認証分野のリーダー、DERMALOGは、モルディブ共和国に新生体認証パスポート、および電子パスポートを登録・カスタマイズ化するITシステムを提供しました。さらに、DERMALOは、モルディブ入国管理事務所向けに自動ゲート、高速AFIS(指紋自動認識システム)等の新国境検問システムも納品しました。モルディブは、南アジア地域協力連合(SAARC)の中で、このような高度な生体認証パスポート・国境検問システムを導入した最初の国です。

・クロスリファレンス:画像はAP Images (リンク ) で入手できます。

モルディブのアブドゥラ・ヤミーン・アブドル・ガユーム大統領が、このような新しいモルディブパスポートを開始しました。パスポートには、写真とデータがレーザー彫刻された、セキュリティの高いポリカーボネートページがあります。パスポートの各査証ページのデザインは様々で、モルディブの地元アーティスト、フセイン・アリ・マニックによる数多くのイラストが描かれています。モルディブ入国管理事務所の管理者であるムハンマド・アンワル氏は、34個の可視および不可視のセキュリティ機能を備え、パスポートの最高水準の安全性に完全に準拠することで、この新しいモルディブのパスポートが世界で最も安全な生体認証パスポートの仲間入りをしたことを自身のオープニングスピーチで強調しました。

     (写真: リンク )

同日行われたスペシャルセレモニーで、モルディブのイブラヒム・ナシル国際空港に設置されたDERMALOGの新しいeGateが開かれました。これにより、旅行者は新しいパスポートで自動入国審査を受け、国境検問を通過することができます。旅行者は、新パスポートと搭乗券、そして指紋のスキャンを求められます。その後、自動ゲートが自動的に開いて旅行者は通過することができます。

生体認証パスポートと自動ゲートは、DERMALOGが提供する新国境検問システムと高速指紋自動認識システム(AFIS)によって補完されます。再度、DERMALOGは、安全なドキュメントおよび自動国境検問への革新的な生体認証ソリューションで新たな道を切り開くことになります。

DERMALOGについて:
ハンブルクに本社を構えるDERMALOG Identification Systems GmbHはドイツ最大の生体認証メーカーであり、生体認証技術革新のリーダーとして知られています。

科学者チームは、最新の指紋ライブスキャナーなど「指紋自動認識システム(ABISおよびAFIS)」や、生体認証国境検問システム、生体認証IDカード/生体認証ドキュメントを常に手掛けています。「FingerLogin」 、FingerPayment」、「FingerBanking」も、自動顔認識や光彩認識同様、DERMALOG製品です。

DERMALOGの主要市場はドイツ、欧州のほかに、アジア、アフリカ、中南米、中東です。同社は75カ国以上の140余の政府機関に同社の技術及びソリューションを提供しています。

DERMALOGは銀行およびATMメーカー向けの生体認証ソリューションも提供しています。世界最大の生体認証バンクプロジェクト(5,000万米ドル規模)は、DERMALOGによって立ち上げられました。23行の銀行およびナイジェリア中央銀行に向けたABISは、銀行顧客の本人確認を確保し、最善の顧客熟知(KYC: Know Your Customer)を保証します。

DERMALOGの革新的な生体認証製品とソリューションの詳細は、ウェブサイトリンク をご参照ください。

詳細は、下記までお問い合わせください:
DERMALOG Identification Systems GmbH

メディアへの広報窓口
Jon Augestad
Mittelweg 120
20148 Hamburg
Germany
電話: +49-(40)-413227-0
ファックス: +49-(40)-413227-89
電子メール: Jon.Augestad@dermalog.com

情報源:Dermalog Identification Systems GmbH


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事