logo

顧客情報の管理・抽出、顧客分析、宛名印刷を一本化 『筆まめ顧客管理 Windows版』2016年1月29日(金)発売 営業・販売促進活動をバックアップする、中小事業者向け顧客管理ソフト

株式会社筆まめ 2016年01月29日 10時00分
From RELEASE PRESS



株式会社筆まめ(本社:東京都港区、代表取締役社長:萩原義博)は、顧客情報の管理、検索・抽出、顧客分析、宛名印刷を一本化できる中小事業者向け顧客管理ソフト、『筆まめ顧客管理 Windows版』を2016年1月29日(金)に発売いたします。当製品の販売方法はライセンス形式となっており、購入のお申し込みは家電量販店、販売代理店、株式会社筆まめの直販サイト「筆まめネット ストア」にて承ります。
なお、当製品は、顧客管理ソフトと17年連続販売本数第1位※1のはがき・住所録ソフト「筆まめ」がセットになった製品です。2年間の契約期間中は常に最新版が使用できるとともに、無償のサポートを受けることができます。
※1:全国の主要パソコン販売店2,464店(2015年実績)のPOS実売統計(1999年~2015年・株式会社BCN調べ)

【サービス名】筆まめ顧客管理 Windows版
【更新方式】サブスクリプション(2年更新)
【税抜価格】初回契約8,400円※2
      契約更新5,800円※2 (1ライセンスあたり)
【発売日】2016年1月29日(金)
※2 初回契約、契約更新ともに、期間は2年間となります。

【『筆まめ顧客管理 Windows版』製品概要】
顧客情報の管理・抽出、顧客分析、宛名印刷までを一本化。営業・販促活動の効率化をサポート。『筆まめ顧客管理 Windows版』は、顧客情報の管理・抽出、分析、顧客へ送付する封筒やはがき、タックシールなどへの宛名印刷やメール配信まで行える顧客管理ソフトです。中小事業者のIT化を支援し、営業活動の円滑化とスピード化を促進することで、ビジネス機会の創出に貢献します。

顧客の基本情報に紐づいて、販売履歴、対応履歴、DM履歴を管理できることに加え、一般の顧客管理ソフトと異なり、はがき・住所録ソフト「筆まめ」で宛名印刷を行うため、一般的なプリンタを用いて、多様な用紙にきれいに印刷できることが強みです。
また、「筆まめ」ならではの文面作成機能により、年賀状をはじめとした挨拶状や、ビジネスで使用する各種案内状のデザインもかんたんに作成できます。

【『筆まめ顧客管理 Windows版』開発の背景】
はがき・住所録ソフト「筆まめ」は、コンシューマ市場における年賀状などのはがき作成、宛名印刷だけでなく、企業における顧客住所録の管理ツールとしても活用をいただいておりました。今回、その「筆まめ」の開発で培った「住所録管理」機能とパソコン初心者でも扱いやすい「UX設計」のノウハウを基に、顧客住所録に加えて販売や顧客対応の履歴、ダイレクトメールやメールマガジン等の送付履歴を一元管理でき、宛名印刷まで一本化できる製品を開発。中小事業者における営業・販売活動の効率化と最大化に貢献します。

【筆まめネット 製品紹介ページ】
リンク

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。