logo

SAP Hybris、グローバルな独立系調査会社のレポートにおいて、B2Bオーダー管理分野の「リーダー」に認定

本レポートにおいて、「SAP Hybrisが、B2Cレベルのオムニチャネルを求めるB2B企業をリード」という評価を獲得

オムニチャネルのカスタマーエンゲージメント&コマース・ソリューションを提供しているSAP Hybrisは本日、フォレスター・リサーチ社が発行したレポート「The Forrester Wave™: B2B Order Management, Q4 2015」において、B2Bオーダー管理分野のリーダーに認定されたことを発表しました。

B2Bオーダー管理とはフォレスター社の用語であり、グローバル企業がフロントオフィス業務(顧客やパートナーなど外部との接点となる業務)とフルフィルメント業務(商品の注文から発注までの業務)の溝を埋められるよう支援するための、広範囲にわたるアプリケーション分野を意味しています。本レポートには、「SAP Hybrisは、すべての評価基準を通じて、大半の要件を満たしており、B2Bオーダー管理で有力なビジョンと戦略を策定しているベンダー3社のうちの1社です。SAPは、B2C向けeコマース分野において成功したHybrisをベースに、多くのB2B企業のニーズに応えられるように拡張しています」と記載されています。

また、本レポートには次のようにも記載されています。「SAPが掲げるHybrisのビジョンは、バックエンド環境の分断化を受け入れることです。そのため、『SAP Hybris Commerce』は、フロントオフィス業務の一貫性を短期間で確立しつつ、バックオフィス業務のシンプル化にも段階的に着手できるように、アプリケーション開発&デリバリー(AD&D)のリーダー企業を支援する設計となっています。また、SAP Hybrisの提供するユーザー・インターフェースはeコマースを起源にしているため、特にコールセンターの顧客サービス担当者によるアップセルとクロスセルの支援にメリットがあります」

フォレスター社は、本レポートにおいて「いくつかのケースでは、単一のコマース・プラットフォームやERPインスタンス上で長期におよぶ統合を計画した場合、即時的なソリューションとして、B2Bオーダー管理を並行して実装する必要がありました」と記載し、B2B企業がオーダー管理へ投資をする主な原動力として、「一貫性」、「柔軟性」、「デジタルビジネスモデル」の3つを挙げています。

SAP Hybrisの最高戦略責任者であるブライアン・ウォーカー(Brian Walker)は、次のように述べています。「迅速な納品や顧客のニーズに応えるフルフィルメント・オプション、最も利便性の高い方法での返品処理など、今日のB2B購買担当者が購入の際に期待しているのは、プライベートでの購買体験と遜色のないコントロール力および柔軟性です。SAP Hybrisでは、B2C機能を拡張することで、B2B向け購買担当者が画期的な戦略を採用できるよう支援しており、購買担当者がいかなるチャネルを選択した場合でも、 分断化された環境を気にすることなく、購買担当者の期待に応えることができます」

「The Forrester Wave™: B2B Order Management, Q4 2015」」レポート(英語版)は、下記のURLよりダウンロードできます。
リンク

(2016年1月独ミュンヘン・米シカゴ発プレスリリース日本語参考訳)

用語解説

SAP Hybrisについて
SAP Hybrisの提供するオムニチャネルのCEC(カスタマーエンゲージメント&コマース)ソリューションは、企業が顧客のコンテクストをリアルタイムで理解し、関連性が高く、かつインパクトのある顧客体験を提供できるよう支援するとともに、すべてのタッチポイント、チャネルそしてデバイスを通じて商品、サービスおよびデジタルコンテンツの販売促進を支援します。3M、アシックス、ブリヂストン、Everything Everywhere、ギャラリー・ラファイエット、ジョンソン・エンド・ジョンソン、リーバイ ストラウス、ネスレ、ネスプレッソ、ニコン、Rexel、サムスン電子、テッドベーカー、Tommy Bahama、W.W. Graingerなどの世界有数の企業に対して、最先端の顧客データ管理、コンテクストに即したマーケティングツール、統合化コマース処理を提供し、利益をもたらす優良顧客の獲得、維持、拡大を支援しています。SAP Hybris Commerce Suite、SAP Hybris MarketingおよびSAP Hybris Billingは、SAPのCECソリューションスイートの中核を担い、SAP® Cloud for Sales、SAP Cloud for Service、SAP CRMと組み合わせることで、チャネルをまたがった顧客情報の統合化ビューの提供、シンプルなカスタマーエンゲージメントの実現、そして複雑な業務課題を解決するための基盤、フレームワーク、ビジネスツールを提供します。詳細はwww.hybris.com/ja/をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。