logo

寝台特急「北斗星」で使用されていたコーヒーカップ<薫~KAORI>復刻200セット WEB限定販売

鳴海製陶株式会社 2016年01月27日 17時00分
From Digital PR Platform


 ボーンチャイナをはじめとする上質な洋食器を中心に、食卓周りのライフスタイルを提案する鳴海製陶株式会社(以下NARUMI、本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:藤江 憲)は、寝台特急「北斗星」運行開始当時に使用されていたナルミボーンチャイナ製ディナーウェア「薫~KAORI」シリーズの中から、ペアコーヒカップを復刻し、数量限定にて販売いたします。

 1988年3月13日、青函トンネルの開業と同時に、上野~札幌間を結ぶブルートレイン「北斗星」は運行を開始しました。日本のオリエント急行と称されたその豪華な客室、とりわけ食堂車「グランシャリオ」でもてなされるフルコースは、最上級ホテルのおもてなしとして、鉄道ファンのみならず、皆の憧れとなりました。
 「グランシャリオ」開業当時から2000年頃までのコース料理に使用されていたのが、ナルミボーンチャイナ製ディナーウェア「薫~KAORI」です。

 2015年3月13日に定期運転を終え、臨時運転で走り続けた「北斗星」ですが、2015年8月22日のラストランで、27年の歴史に幕を下ろしました。ラストランには「最後のブルートレイン」に別れを告げようと、多くの鉄道ファンが集まりました。

 今回復刻販売するペアコーヒーカップには、北斗星のマークをデザインに使用した限定しおり(JR北海道、JR東日本、商品化許諾済)をお付けいたします。

 当時提供されていたそのままの姿で販売いたしますので、かつて「北斗星」の旅を楽しまれたお客様におかれましては、当時の旅の想い出が、より豊かに、より鮮明なものになりますよう、お役立ていただければ幸いです。

商品の販売価格は 7,000円(消費税別)、NARUMI公式オンラインショップ<eナルミドットコム>にて、2016年2月1日より販売開始予定です。

<eナルミドットコム>
リンク

<薫~KAORI ペアコーヒーカップ 商品ページ>
リンク
※2月1日(月)より販売開始いたします。


メディア関係問合せ先:
鳴海製陶株式会社 直営店グループ 052-896-2258 担当:出羽(でわ)
鳴海製陶株式会社 お客様サービス窓口(メールのみ受付) customer@narumi.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事